Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロード コマンド

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ワークロード コマンド

[ワークロード] コマンドを使用して複雑なワークフローを管理するには、複数のキューからの作業項目を実行するよう Bot を設定します。

ユーザーが作業項目を挿入および作業項目の結果を設定するには、キュー参加者の権限が必要です。

作業項目を挿入
あるキューからの作業項目を処理して、結果を作業項目として別のキューにプッシュします。
作業項目の結果を設定
アクティブな作業項目の結果または出力を表示します。
作業項目の結果または出力を表示して追加の処理を行うには、システム変数 「$WorkItemResult$」 と組み合わせます。たとえば、後で参照できるように結果をファイルに記録することや、チャット アプリケーションまたは Chatbot を介して顧客と共有することができます。
フィードバックを送る