Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

OCR コマンド

  • 更新済み: 6/03/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

OCR コマンド

このコマンドを使用して、画像からテキストを抽出し、抽出したデータを他のアプリケーションに転送します。

概要

OCR コマンドは、ウィンドウまたはアプリケーションの特定の領域をキャプチャするために使用できます。また、ローカル マシン、ネットワーク ドライブ、または Web サイトに保存されている画像を使用することもできます。

Automation Anywhere は拡張可能なプラットフォームであるため、使用したい OCR エンジン用のプラグインを設定することができます。OCR エンジンが正常に設定されると、Automation Anywhere で OCR エンジンを使用できるようになり、これを使ってタスクを自動化することができます。

Automation Anywhere では、画像をキャプチャするために次の OCR エンジンをサポートしています。

  • ABBYY
  • TOCR
  • MODI
  • TESSARACT
注: MODI と TOCR はサードパーティ製のコンポーネントであり、個別にインストールする必要があります。インストール後に、Automation Anywhere は MODI と TOCR エンジンを自動的に検出します。

Version 11.3.2ABBYY

これは、製品にバンドルされており、Automation Anywhere Enterprise Client と一緒にインストールされるデフォルトの OCR エンジンです。これを Automation Anywhere ソリューションと使用できるようにするには、手動で ABBYY を設定する必要があります。詳細については、「Automation Anywhere に ABBYY を設定する」をご覧ください。

Tesseract

この OCR エンジンは製品にバンドルされており、Automation Anywhere Enterprise Clientとともにインストールされます。Tesseract を使用するには、Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージがマシンにインストールされている必要があります。

MODI

マシンに Microsoft Office 2003 以降がインストールされている必要があります。Microsoft Office 2007 の場合は、Microsoft Office Document Imaging の スキャン、OCR、サービス フィルターのインデックス作成のオプションを、インストール時に選択しておく必要があります。Microsoft Office 2010 の場合は、MODI を個別にインストールする必要があります。詳細については、「https://support.microsoft.com/en-us/help/982760/install-modi-for-use-with-microsoft-office-2010」をご覧ください。

注: Enterprise Client では、Microsoft Office Document Imaging と Office 2013 および Office 365 の組み合わせはサポートされていません。
[安全な記録モード] が有効な場合:
プレビュー用に画像はキャプチャされません。
フィードバックを送る