Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーを変更

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ユーザーを変更

このコマンドを使用して、Active Directory 内のユーザーの変更または名前変更を行うことができます。

[Active Directory - ユーザーを変更] コマンドを挿入するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Active Directory - ユーザーを変更] コマンドをダブル クリックするか、[タスク アクション リスト] ウィンドウにドラッグします。
    Active Directory のメイン ウィンドウが表示されます。
  2. [ユーザー アクションを選択] ドロップダウン メニューでいずれかのオプションを選択します。
    • ユーザー名を変更: [ユーザー変更の詳細を入力] の下にあるチェックボックスを使用し、ユーザーのログオン名やアカウント名を変更します。
    • ユーザー アカウントを有効にする: ユーザー アカウントを有効にします。
    • ユーザー アカウントを無効化: ユーザー アカウントを無効にします。[ユーザー変更の詳細を入力] セクションで、ユーザー名またはログオン名のうち無効にするものを選択します。
    • ユーザーを削除: Active Directory からユーザーを削除します。[ユーザー変更の詳細を入力] セクションで、ユーザー名またはログオン名のうち削除するものを選択します。
    • ユーザーの詳細を更新: このオプションを使用して、ユーザーの詳細を更新します。
    • アカウント オプションを更新: ユーザーのアカウント属性を設定するには、このオプションを使用します。次の 4 つの属性から選択します。
      • ユーザーは次のログイン時にパスワードを変更する必要があります
      • アクティブです
      • ユーザーはパスワードを変更できない
      • パスワードに有効期限がない
    • パスワードを変更: このオプションを使用して、ユーザーのパスワードを変更します。
    • プロパティを設定: ユーザー プロパティに値を割り当てたり、現在の詳細を表示したり更新したりするには、このオプションを使用します。
  3. ユーザー名を入力します。
    ヒント: 変更するユーザー名がわからない場合は、[LDAP パスを入力] セクションの [参照] をクリックします。Active Directory オブジェクト ブラウザが表示されたら、リストからユーザーを選択して前述の「ユーザー アクション」を実行します。
フィードバックを送る