Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

メッセージ ボックス コマンド

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

メッセージ ボックス コマンド

このコマンドを使用して、タスクの実行時にメッセージを表示するメッセージボックスを挿入します。

概要

TaskBot / MetaBot ロジックが実行を終了するたびにユーザーにメッセージを発行する場合は、メッセージ ボックスが便利です。たとえば、ユーザーは Web フォーム タスクロジックに続いて メッセージ ボックス コマンドを挿入できるため、コマンドは Web フォーム記入済みというメッセージを発行します。

メッセージ ボックスでは、次のコンポーネントを指定できます。

キャプション
メッセージ ボックスのキャプション名を入力します。
メッセージ
ダイアログ ボックスにメッセージを入力します。
スクロール バー
メッセージにスクロールバーを挿入します。メッセージの長さが 10 行以上になると、スクロール バーが表示されます。
メッセージ ボックスを閉じる
メッセージボックスを閉じるための秒数を入力します。
フィードバックを送る