Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Windows コントロールの管理コマンド

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Windows コントロールの管理コマンド

このコマンドは、ボタン、メニュー、タブ、テーブル、ボックスの Windows コントロールのプロパティをキャプチャする場合に使用します。アクションを実行するか、キャプチャしたプロパティを変数に割り当てることができます。また、実行する複数のアクションを同時に記録することもできます。

プロパティをコントロール
キャプチャしたコントロールは、[コントロール プロパティ] の下に表示され、コントロール タイプ、名前、値、場所 (座標) が表示されます。

Automation Anywhere では、Windows の標準のコントロールのみを使用するアクションを実行できます。カスタマイズされたコントロールがアプリケーションに含まれている場合、Automation Anywhere は、それらのコントロールをキャプチャできないことがあります。

このコマンドは次のキャプチャ コントロールをサポートします。
[コントロールをキャプチャ...] を有効にして、ドロップダウン リストから次のいずれかのコントロールを選択します。このオプションは、さまざまな属性を持つ特定のコントロールをクリックしたときに発生するエラーを回避するのに役立ちます。
  • チェックボックス - チェックボックスのステータスを設定、チェックボックスのステータスを取得
  • コマンド ボタン - クリック、テキストを取得
  • ドロップダウン - 合計項目を取得、選択したインデックスを取得、選択した項目を取得、インデックスで項目を選択、テキストで項目を選択
  • テキストを取得 - リンクをクリック、すべての子供の名前を取得、すべての子供の値を取得、値のテキストを取得、名前のテキストを取得

  • リスト アイテム/リスト ボックス - 総項目数を取得、選択したインデックスを取得、選択した項目を取得、インデックスで項目を選択、テキストで項目を選択
  • メニュー/メニュー バー/メニュー アイテム - 総項目数を取得、インデックスでテキストを取得、テキストでインデックスを取得、インデックスで項目をクリック、テキストで項目をクリック
  • ラジオ ボタン - ラジオボタンのステータスを取得、ラジオボタンを選択
  • タブ/タブ項目 - 総項目数を取得、選択したインデックスを取得、選択した項目を取得、インデックスでタブを選択、テキストでタブを選択
  • テーブル - CSV にエクスポート、インデックスでセルを取得、テキストでセルを取得、合計行、合計列、インデックスでセルを設定、テキストでセルを設定
  • テキスト ボックス - テキストを取得、テキストを設定、テキストを追加、リンクをクリック

  • ツリー/ツリー項目 - 総項目数を取得、選択したインデックスを取得、選択した項目を取得、インデックスで項目を選択、テキストで項目を選択
すべてのコントロールでは、次のアクションが実行できます。
  • 名前のテキストを取得
  • 値のテキストを取得
  • リンクをクリック
  • すべての子供の名前を取得
  • すべての子供の値を取得
  • マウス ボタンを左クリック
  • マウス ボタンを右クリック
  • ダブルクリック

Web コントロールをキャプチャ

Web コントロールをキャプチャするときは、「Windows コントロールを管理」コマンドを使用せず、必ず Web レコーダー コマンドの「Web コントロールを管理」サブコマンドを使用します。「Web コントロールを管理」コマンドでは、Internet Explorer のコントロールが認識されます。

[安全な記録モード] が有効な場合:
値はキャプチャされません。
フィードバックを送る