Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[ファイルとフォルダー] コマンド

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

[ファイルとフォルダー] コマンド

このコマンドを使用して、ファイルやフォルダーの操作を伴うオペレーションを自動化します。

概要

[ファイルとフォルダー] コマンドを使用すると、ファイルやフォルダーの作成、開く、コピー、移動、名前の変更、削除、整理を簡単に自動化できます。[ファイルとフォルダー] コマンドには、サイズ、作成日、または変更日に基づいてファイルやフォルダーを操作する高度なオプションもあります。

ファイルをコピー
既存のファイルをソースから特定のコピー先にコピーします。[ファイル/フォルダーを上書き] チェックボックスをオンにして、既存のファイルを同じ名前で置き換えます。
ファイル名を変更
既存のファイル名前を変更します。
ファイルを削除
既存のファイルを削除します。
ファイルを作成
特定の場所に新しいファイルを作成します。[ファイル/フォルダーを上書き] チェックボックスをオンにして、既存のファイルを同じ名前で置き換えます。
Zip ファイル
複数のファイルを Zip ファイルに圧縮します。
Version 11.3.2
以前の 11.x リリースから バージョン 11.3.2 にアップグレードする場合、[Zip ファイル] コマンドは、次の両方の条件を満たす場合でも、Zip ファイルのコンテンツで指定したフォルダーを含めずにファイルが直接圧縮できるようになりました。
  • [圧縮するファイルを指定する] フィールドのファイル パスの末端にバックスラッシュを含める
  • ファイル タイプを指定する

ZIP ファイルのコンテンツに指定したフォルダーが必要な場合、圧縮するファイルを指定するフィールドのファイル パスからバックスラッシュを削除する必要があります。

.
ファイルを解凍
以前に圧縮された複数のファイルを解凍し、抽出します。
ファイルを印刷
ファイルを印刷します。
複数のファイルを印刷
選択したフォルダーから複数のファイルを印刷します。サブフォルダーから複数のファイルを印刷するには、[サブフォルダーを含める] チェックボックスをオンにします。
ファイルを開く
既存のファイルを開きます。
ファイルのショートカットを作成
特定の場所にファイルのショートカットを作成します。
フォルダーをコピー
既存のフォルダーをソースから特定のコピー先にコピーします。[ファイル/フォルダーを上書き] チェックボックスをオンにして、既存フォルダーを同じ名前で置き換えます。
フォルダー名を変更
既存のフォルダー名を変更します。
フォルダーを削除
既存のフォルダーを削除します。
フォルダーを作成
特定の場所に新しいフォルダーを作成します。[ファイル/フォルダーを上書き] チェックボックスをオンにして、既存フォルダーを同じ名前で置き換えます。
フォルダーを開く
既存のフォルダーを開きます。
フォルダーのショートカットを作成
特定の場所にフォルダーのショートカットを作成します。
フィードバックを送る