Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

例: Excel から Web フォームにデータを抽出

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

例: Excel から Web フォームにデータを抽出

Excel、ループ、オブジェクト複製、および Web レコーダーの各コマンドを使用して、Excel スプレッドシートから Web フォームにデータを転送します。

次のステップは、このタスクを自動化する方法の一般例です。

手順

  1. Web フォームを開きます。
    1. Web レコーダー サブメニューで、[ブラウザーを開く] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. 開く URL を入力して、[保存] をクリックします。
  2. ブラウザーが Web ページを開くまでの待ち時間を追加します。
    1. [待機] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [ウィンドウを待つ] オプション ボタンを選択します。
    3. ドロップダウン メニューから、[ウィンドウ] を選択します。
    4. 待ち時間を入力して、[保存] をクリックします。
  3. データが含まれているスプレッドシートを開きます。
    1. [Excel] サブメニューで、[スプレッドシートを開く] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [参照] をクリックし、Excel ファイルを選択します。
    3. [ヘッダーを含む] をクリックし、[保存] をクリックします。このアクションでは、最初の行からヘッダー データを除外します。
    4. [セルを取得] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    5. [すべてのセルを取得] をクリックし、[保存] をクリックします。
  4. スプレッドシートの各行を順に処理するためのループを作成します。
    1. ループのサブメニューで、Excel データセットの各行コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [保存] をクリックします。[ループを開始] アクション ラインの下にコメントが表示されます。
  5. Web フォームのフィールドをオブジェクトとしてキャプチャし、そのコンテンツを操作します。
    1. [コメント後のオブジェクト クローニング] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. ドロップダウン メニューから、ウィンドウを選択します。
    3. [キャプチャ] を長押しして、Web ページを表示させます。
    4. フィールド上にカーソルを移動して、カーソルを放します。[オブジェクト複製] ウィンドウが表示されます。
    5. [実行するアクション] ドロップダウン メニューから、[テキストの設定] を選択します。
    6. [設定するテキスト] 入力ボックスをクリックします。
    7. [F2] キーを押します。[変数の挿入] ウィンドウが表示されます。
    8. [Excel の列] を選択して、[挿入] をクリックします。Excel の列オプション ウィンドウが表示されます。
    9. [列番号] を入力して、[OK] をクリックします。
    10. [保存] をクリックします。
  6. 上記の手順を繰り返し、各 Web フォーム フィールドをオブジェクトとしてキャプチャして Excel の列に割り当てます。
  7. Web フォームの [送信] ボタンのクリックを自動化します。
    1. [コメント後のオブジェクト クローニング] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. ドロップダウン メニューから、ウィンドウを選択します。
    3. [キャプチャ] を長押しして、Web ページを表示させます。
    4. [送信] ボタン上にカーソルを移動して、カーソルを放します。
    5. [オブジェクト複製] ウィンドウが表示されます。
    6. [実行するアクション] ドロップダウン メニューから、[左クリック] を選択します。
    7. [保存] をクリックします。
  8. [送信] ボタンをクリックすると、Web フォームはデータをサーバーに送信して処理し、成功メッセージが生成されます。[遅延] コマンドを挿入して、処理時間を反映します。
    1. [遅延] コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。[遅延] ウィンドウが表示されます。
    2. [通常の遅延] オプション ボタンを選択して、フィールドを 5 秒に設定します。
    3. [保存] をクリックします。
  9. Web ページが成功メッセージにリダイレクトされたら、Web フォームに移動します。
    1. Web レコーダーのサブメニューで、URL に移動コマンドをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. 開く URL を入力して、[保存] をクリックします。
  10. [エンド ループ] コマンドの後でブラウザーを閉じ、タスクを保存して TaskBot のロジックを終了します。
    1. スプレッドシートを閉じるコマンドをダブルクリックまたはドラッグし、[保存] をクリックします。
    2. タスクに名前を付けて [保存] をクリックします。
    3. [実行] をクリックします。
フィードバックを送る