Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

オブジェクトをキャプチャするために使用可能なアクション

  • 更新済み: 5/04/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

オブジェクトをキャプチャするために使用可能なアクション

Version 11.3.3[GUI オートメーション] コマンドを使用すると、SAP GUI から取得したオブジェクトでさまざまなアクションが実行できます。

オブジェクトで実行可能なアクションは、オブジェクト タイプによって異なります。次の表には、各オブジェクト タイプで使用可能なアクションが一覧表示されています。

オブジェクト タイプ 使用可能なアクション
テキスト ボックス

テキストを設定

テキストを追加

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

コンボ ボックス

インデックス別に項目を選択

テキスト別に項目を選択

キー別に項目を選択

合計項目を取得

選択したテキスト項目を取得

選択したキー項目を取得

選択したインデックス項目を取得

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: コンボ ボックスの最初のインデックスは「0」になります。たとえば、コンボ ボックスの 2 つ目の項目を選択するには、値に「1」を入力します。
チェック ボックス

チェック

チェックを外す

トグル

ステータスを取得

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

ボタン

クリック

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

ラジオ ボタン

選択

ステータスを取得

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

テーブル

インデックス別にセルを設定

インデックス別にセルのテキストを取得

行の合計数を取得

列の合計数を取得

行を選択

CSV にエクスポート

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: 行と列の最初のインデックスは「0」です。テーブル内のチェック ボックスを選択または消去するには、フィールドで[チェック]または[チェックを外す]を指定する必要があります。同様に、ラジオ ボタンを選択または消去するには、[選択]または[選択を解除]を指定する必要があります。
メニュー バー

テキスト別に項目を選択

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

ツリー

ノードを展開

テキスト別にノードを選択

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: ノードとそのオカレンスに名前を付けます。オカレンスの最初の値は「1」です。
タブ

選択

左にスクロール

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

シェル

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

グリッド ビュー

すべて選択

インデックス別にセルを設定

現在の行を設定

Version 11.3.3.1行を選択

インデックス別にセルをクリック

現在のセルをダブルクリック

行の合計数を取得

列の合計数を取得

インデックス別にセルを取得

CSV にエクスポート

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: 行と列の最初のインデックスは「0」です。
メイン ウィンドウ

キーを送信

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを最大化

ウィンドウをアクティブ化

ウィンドウを復元

フォーカス コントロール ID を取得

Version 11.3.3.1スクリプトを実行

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: Version 11.3.3.1スクリプトは SAP のスクリプト記録機能をして記録する必要があります。スクリプトの記録後にスクリプトが 1 つの行となった場合は、これをスクリプトを実行アクションとして入力します。しかし、2 つ以上の行となった場合は、文字列変数にスクリプトをコピーして貼り付け、その変数をスクリプトを実行アクションとして入力します。
シェル:ツールバー操作

ボタンを押す

テキスト別にコンテキスト メニューを選択

プロパティを取得

焦点を設定

左クリック

右クリック

ダブルクリック

注: ツールバーのボタンの最初の位置は「0」です。
残りの操作

焦点を設定

プロパティを取得

左クリック

右クリック

ダブルクリック

フィードバックを送る