Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

テキストを抽出および翻訳するための Bot を構築する

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

テキストを抽出および翻訳するための Bot を構築する

ページからテキストを抽出するための Bot を構築し、テキストを英語に翻訳する事前に構築された Bot Store Bot を使用します。

前提条件

手順

  1. Enterprise Client にログインします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [自動化] ウィンドウで、[ワークベンチ] をクリックします。
  4. [変数マネージャー] を開き、[追加] をクリックして、次の変数名を追加します。
    1. vExtractedText: Web サイトから抽出されたテキストを保存します。
    2. vOutputLanguage: ターゲット言語のテキストを保存します。
    3. vTranslatedText: 翻訳された英語テキストを保存します。
  5. [コマンド] タブから [アクション リスト] に プログラム/ファイルを開く コマンドをドラッグ アンド ドロップします。
  6. プログラム/ファイルを開く ウィンドウで、次のステップを実行します。
    1. ステップ 1: プログラム/ファイル パス: Google Chrome 実行可能ファイルを参照して選択します。お使いのマシン上でファイルを見つけるには、次のパスを検索します。C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application. Application フォルダーで、chrome.exe を選択します。
    2. ステップ 2: パスで開始: このステップはスキップできます。
    3. ステップ 3: パラメーター: Automation Anywhere 翻訳ページの URL を入力します: https://www.automationanywhere.com/automationanywherelabs/translate.html
    4. [保存] をクリックしてコマンドを閉じます。
    最初のコマンドがアクションリストに表示されます。
  7. [保存]をクリックして、BotTutorial2_Translate.atmx として保存します。
    デフォルトでは、Bot[マイ タスク] ディレクトリに保存されます。
  8. 実行 をクリックしてをテストします。
  9. [コマンド] タブから [アクション リスト] に オブジェクト クローニング コマンドをドラッグ アンド ドロップします。
  10. オブジェクト クローニング ウィンドウで、[Automation Anywhere ラボ] - [翻訳] - [Google Chrome] を選択します。ターゲット ブラウザ セッションが独自のウィンドウで開いていることを確認します。
  11. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで デコードするテキスト のブロックをハイライトします。ボタンを放します。
    1. [実行するアクションを選択] ドロップダウン リストから、プロパティを取得 を選択します。
    2. [プロパティを選択] ドロップダウン リストから、HTML InnerText を選択します。
    3. [変数に割り当てる] ドロップダウン リストから、vExtractedText を選択します。
    4. [保存] をクリックします。
  12. [コマンド] タブで、文字列操作 を選択し、[+] をクリックし、[Before-After] コマンドを選択し、[アクション リスト] にドラッグします。
    1. [文字列操作] ウィンドウの [ソース文字列] テキスト ボックスに、「vExtractedText」と入力します。
    2. [Before (任意)] フィールドに、「Text to Decode」と入力します。
    3. [出力を変数に割り当てる] フィールドに、「vExtractedText」と入力します。
    4. [保存] をクリックします。
  13. 新しいブラウザ ウィンドウで、http://botstore.automationanywhere.com に移動します。Bing Translate Bot を探し、ダウンロードし、インストールします。
  14. [ワークベンチ] で、[MetaBot] タブをクリックします。BingTranslate.mbot を選択し、[アクションリスト] にドラッグします。MetaBot ウィンドウで、次の入力パラメーターと出力パラメーターを設定します。
    1. [入力パラメーター] フィールドに、次のパラメーターの値を追加します。
      • vInputText: vExtractedText
      • vOutputLanguage: vOutputLanguage
    2. [出力パラメーター] フィールドに、vOutputText の値 (vTranslatedText) を追加します。
    3. [保存] をクリックします。
  15. オブジェクト クローニング ウィンドウで、[Automation Anywhere ラボ] - [翻訳] - [Google Chrome] を選択します。
  16. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで [検証する翻訳済みメッセージを入力] フィールドをハイライトします。ボタンを放します。
    1. [実行するアクションを選択] ドロップダウン リストから、[テキストの設定] を選択します。
    2. [設定するテキスト] フィールドに、「vTranslatedText」 と入力します。
    3. [保存] をクリックします。
  17. オブジェクト クローニング ウィンドウで、[Automation Anywhere ラボ] - [翻訳] - [Google Chrome] を選択します。
  18. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで [送信] ボタンをハイライトします。ボタンを放します。
    1. [実行するアクションを選択] フィールドで、左クリックを選択します。
    2. [保存] をクリックします。
  19. Bot を保存して、[実行] をクリックします。
フィードバックを送る