Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスクのステップを MetaBot に置き換える

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

タスクのステップを MetaBot に置き換える

MetaBot を使用してアセットとロジックをカプセル化し、共通のプロセスやタスクを実行します。MetaBot は他の Bot で再利用できるため、Bot 開発者は再利用する MetaBot のライブラリを作成できます。

前提条件

  • このタスクを行う前に、MetaBot へのデータのインポート のタスクを正常に完了する必要があります。
  • 重要: MyFirstTaskBot.atmx が完了し、正常に機能していることを確認します。

手順

  1. Enterprise Client を使用した基本的な Bot の構築TaskBot を作成した Automation Anywhere Enterprise Client のメイン スクリーンに移動します。
  2. TaskBot MyFirstTaskBot.atmx を開きます。
  3. すべての [Set text `Filedata Column. . .] 行を 無効にするか、削除します。
  4. [MetaBot] タブをクリックします。
  5. Start LoopStop Loop との間に MetaBotAddNewUsers.mbot をドラッグ アンド ドロップします。

    MetaBot というタイトルのウィンドウが開き、この MetaBot 用にロジックで作成した入力パラメーターが一覧表示されます。

    1. vFirstName入力パラメーターの横にある [値] フィールドをクリックします。
    2. F2 キーを押します。
    3. 変数のリストで、[Fielddata 列] を選択します。
    4. [挿入] をクリックします。
    5. [列番号/変数を選択] フィールドをクリアし、各パラメーターに適切な列番号を入力します。
      • 列 1 = vFistName
      • 列 2 = vLastName
      • 列 3 = vCompanyName
      • 列 4 = vEmail
      • 列 5 = vPhone
      • 列 6 = vUserName
      • 列 7 = vPassword
  6. [保存] をクリックします。
  7. ワークベンチ のメニュー リボンの [保存] をクリックします。

次のステップ

TaskBot が正しく動作することを確認するには、基本的な MetaBot の検証 に進みます。.
フィードバックを送る