Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot 用に ロジック を作成

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

MetaBot 用に ロジック を作成

アセットを管理し、他の Bot で機能を使用できるようにするには、ロジックMetaBot を追加する必要があります。

前提条件

このタスクを行う前に、MetaBot へのアセットの追加 のタスクを正常に完了する必要があります。

これは 基本的な MetaBot の作成 の親タスク 2 番目のサブタスクです。

手順

  1. MetaBot へのアセットの追加 で作成したアセットを選択します。
  2. [ロジック] をクリックします。
  3. [ロジックを追加] をクリックします。
  4. [変数マネージャー] をクリックします。
    1. [追加] をクリックします。
    2. [名前] フィールドに 「vFirstName」 を入力します。
    3. [パラメーター タイプ] のドロップダウン リストから [入力] を選択します。
    4. [保存] をクリックします。
      制約事項: AUX、CLOCK$、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、CON、LPT1、 LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9、NUL、PRN などの予約名を使用しないでください。この Microsoft ブログを参照してください。
    5. [はい] をクリックして情報ウィンドウを閉じます。
      注: null 変数を追加すると、情報ウィンドウが表示されます。変数値は後で割り当てることができます。
      新しい変数が [ローカル変数] のリストに追加されます。
  5. 上記のステップを繰り返して、次の各変数を追加します。
    • vLastName
    • vCompanyName
    • vEmail
    • vPhone
    • vUserName
    • vPassword
  6. [保存] をクリックします。
  7. [ロジック名] フィールドに 「新規ユーザーを追加」と入力します。
  8. [保存] をクリックします。

次のステップ

MetaBot が CSV ファイルからデータをインポートして使用するための機能を追加する必要があります。次のタスクは MetaBot へのデータのインポート です。
フィードバックを送る