Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

オブジェクト クローニング コマンドを使用して最初の Bot を作成する

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

オブジェクト クローニング コマンドを使用して最初の Bot を作成する

オブジェクト クローニング コマンドを使用してユーザー認証情報を入力し、Google Chrome を使用して Web ページにサインインすることができます。

前提条件

Web レコーダー を使用した最初の Bot の構築 タスクに慣れていることを確認してください。Web レコーダー を使用する方法を理解して、この手順のプロセスに従う必要があります。

手順

  1. Enterprise Client にログインします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. 自動化 ウィンドウで、[ワークベンチ] をクリックします。
  4. コマンド タブから、プログラム/ファイルを開く コマンドを選択して アクション リストにドラッグ アンド ドロップします。
  5. プログラム/ファイルを開く ウィンドウで、次のステップを実行します。
    1. ステップ 1: プログラム/ファイル パス: Google Chrome 実行可能ファイルを参照して選択します。マシンのファイル位置を探すには、次のパスを検索します。C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\ApplicationApplication フォルダーで、chrome.exe を選択し、[開く] をクリックします。
    2. ステップ 2: 'パスの最初の部分': このステップはスキップできます。
    3. ステップ 3: パラメーター : Automation Anywhere 入門チュートリアルのログイン ページの URL を入力します: https://www.automationanywhere.com/automationanywherelabs/login.html
    4. [保存] をクリックしてコマンドを閉じます。
    最初のコマンドがアクションリストに表示されます。
  6. BotMyFirstBot_Chrome.atmx として保存します
    デフォルトでは、Bot[My Tasks] ディレクトリに保存されます。
  7. [実行] をクリックしてをテストします。
  8. [コマンド] タブから、オブジェクト クローニング コマンドを選択して アクション リストにドラッグ アンド ドロップします。
  9. オブジェクト クローニング ウィンドウで、Automation Anywhere ラボ - ログイン - Google Chrome を選択します。ターゲット ブラウザ セッションが自分のウィンドウで開いていることを確認します。
  10. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで [E メール アドレス]フィールドをハイライト表示します。ボタンを放します。
  11. [アクションを実行する] ドロップダウン リストで、[設定するテキスト]を選択し、E メール アドレス user@automationanywhere.com を入力します。
  12. [保存] をクリックします。
  13. パスワード フィールドのステップ 8 ~ 10 を繰り返します。[設定するテキスト] フィールドに Automation123 と入力します。
    パスワードは大文字と小文字を区別します。
  14. サインイン ページで、ステップ 8~10 を繰り返します。サインイン ページで、赤い境界が点滅するまで [サインイン] ボタンにカーソルを合わせます。マウス ボタンを放します。
  15. [実行するアクションを選択] フィールドで、左クリックを選択します。
  16. [保存] をクリックします。
  17. [実行]をクリックします。
フィードバックを送る