Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise Client を使用して Web ページへの入力を自動化するための基本的な MetaBot の構築

  • 更新済み: 8/07/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

Enterprise Client を使用して Web ページへの入力を自動化するための基本的な MetaBot の構築

MetaBot は、一般的なプロセスとタスクを実行するためのアセットとロジックをカプセル化します。MetaBot を異なる TaskBot 別に使用することで、再利用可能な関数ライブラリを提供できます。

このタスクは、TaskBotEnterprise Client を使用して基本的なBotを編集 で作成および変更した Enterprise Client を使用した基本的な Bot の構築 に追加されます。

重要: MyFirstTaskBot.atmx が完了し、正常に機能していることを確認します。
各サブタスクは、表示されている順に行います。
ステップ 1: 基本的な MetaBot の作成
このタスクでは MetaBot を構築します。この MetaBotTaskBot からパラメーター (データ) を受け取り、そのデータを Web フォームに追加します。
ステップ 2 MetaBot へのアセットの追加
MetaBot へのアセットとして、スクリーン、DLL、フォルダーを追加できます。
ステップ 3: MetaBot 用に ロジック を作成
アセットを管理し、他の Bot で機能を使用できるようにするには、ロジックMetaBot を追加する必要があります。
ステップ 4: MetaBot へのデータのインポート
変数からデータをインポートして、Web ページのフィールドに入力します。
ステップ 5: タスクのステップを MetaBot に置き換える
MetaBot を使用してアセットとロジックをカプセル化し、共通のプロセスやタスクを実行します。MetaBot は他の Bot で再利用できるため、Bot 開発者は再利用する MetaBot のライブラリを作成できます。
ステップ 6: 基本的な MetaBot の検証
ワークベンチから Bot を実行して、すべてが正常に動作することを確認します。
フィードバックを送る