Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロード管理データのインポート速度

  • 更新済み: 9/25/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ワークロード管理データのインポート速度

ワークロード管理で設定された CSV インポート速度です。

カンマ区切り値 (CSV) ファイルとして保存されているデータをインポートできます。ワークロード管理 (WLM) のデフォルト設定では、リソース使用率を最小限に抑えるために、CSV インポート速度が低速に設定されています。

ワークロード管理モジュールを使用すると、Microsoft Excel ファイルと CSV ファイルを Control Room にアップロードして、ファイル内のレコードを Bot の導入に提供できます。

これらのレコードには、PII、PCI、PHI などの機密性の高い情報が含まれています。このデータは、ファイル共有とデータベースに保存されている間は、データ暗号化キーによって慎重に保護されています。

積極的なインポート戦略を採用する場合は、バッチあたりのインポート行数と、各バッチの間隔を設定します。

デフォルトの CSV インポート速度
CSV の行数 CSV の列数 おおよそのアップロード時間 (デフォルト) おおよそのアップロード時間 (アグレッシブ)
50,000 15 25 分 2 分
100,000 15 50 分 3.5 分
300,000 15 2.5 時間 10 分
1,000,000 12 8.5 時間 35 分
CSV インポート速度のオプション
戦略 バッチあたりの行数 各バッチの間隔
デフォルト 1,000 30 秒
アグレッシブ 10,000 10 秒

戦略を変更するには、次の手順を実行します。

  1. Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config ディレクトリ内に wlm.properties ファイルを作成します (まだ存在していない場合)。
  2. 次の行を追加します。

    workOrder.execution.job.interval.seconds=<interval in seconds>

    workOrder.max.execute.lines=<number of lines per batch>

フィードバックを送る