Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

命名規則

  • 更新済み: 3/30/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

命名規則

名前の大文字およびスペースのスタイルについて説明します。

変数には bumpyCasing、タスク名には CamelCasing を使用します。

  • CamelCase — 複合語または複合句を記述するときに、それぞれの語または略語を大文字で始めます。たとえば、PrintUtility です。
  • bumpyCase — 上記と同じですが、先頭の文字を必ず小文字にします。たとえば、backgroundColor です。

次は、命名規則の制限事項のリストです。

  • 下線 ( _ ) は使用しないこと。 — 下線はスペースを無駄にし、コンテキストの中では何の価値もありません。BumpyCasing と CamelCasing を使用することにより、文字を読みやすくすることができます。
  • 値およびフラグに一貫性があること。 — Boolean 値には、必ず小文字の「true」「false」を使用します。逸脱することなく、Boolean 状態を定義する場合はこの方法を使用します。これは、フラグにも当てはまります。Boolean 変数には、「0」や「1」などではなく、必ず「true」または「false」を使用します。

    命名規則の例

  • 変数名 — 変数名に数値を含めないでください。

    1 文字の変数名は避けてください。たとえば、i または x は使用しないでください。変数の目的を推測できる変数名を使用してください。

  • フラグとスクリプト名 — Is、Has、Can、Allows、または Supports (isAvailableisNotAvailablehasBeenUpdated など)を含む名前フラグ。

    スクリプト名には FileSaveHelper.atmx のように、Utility や Helper などの名詞、名詞句、または形容詞を付けます。

  • フィールドのプレフィックス — フィールドには、プレフィックスを付けないでください。たとえば、g_s_、または_ だけを使用しないでください。

    ただし、例外として v はプレフィックスとして使用できます。これは、変数が簡単に見つかるようにします。

  • 動詞 - 目的語形式の命名 — スクリプトを命名するときは、GetMostRecentVersion にように、動詞と目的語のペアを使用します。

    変数は、employeeFirstName または socialSecurityNumber のように、記述名にします。

  • 制限語 - Automation AnywhereAutomation Anywhere ファイルなどの予約キーワードをフォルダー名に使用しないでください。これらの予約キーワードを使用してフォルダーに名前を付け、Bot のこのフォルダーに保存されているファイルを参照すると、Bot の実行中にエラーが発生します。
フィードバックを送る