Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

グレースフル デグラデーション

  • 更新済み: 9/30/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

グレースフル デグラデーション

Automation Anywhere の依存関係によっては、完全な高可用性 (HA) を確保しなくても Bot の導入および実行を正常に続行できる場合があります。依存関係によっては、サービスが低下したプライマリ サイトでも適切に動作します。

Automation Anywhere に記載された依存関係は、プライマリ サイトのサービスが低下しても、限られた容量で動作し続けます。次が該当します。
PostgreSQL Server
PostgreSQL は、ダッシュボードのメタデータを保存するために使用します。PostgreSQL で障害が発生すると、PostgreSQL サービスが復元されるまでダッシュボードのグラフは利用できません。
Subversion (SVN) サーバー
Subversion (SVN) は、以前のバージョンの Bot を保存するために任意で使用します。SVN を利用できない場合、現在のプロダクト バージョンの Bot を変更することはできません。
SVN を利用できない場合でも、現在のプロダクト バージョンの Bot すべてを引き続き利用できます。
フィードバックを送る