Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room ポート、プロトコル、ファイアウォール要件

  • 更新済み: 7/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Control Room ポート、プロトコル、ファイアウォール要件

Automation Anywhere 導入のためのデフォルトの設定可能なファイアウォール、ポート、プロトコル要件を表示します。

Automation Anywhere を Windows ファイアウォールの例外リストに追加します。Windows バージョンで Microsoft が指示する手順に従います。

Bot Creator および Bot Runner のアクティビティを含む、Control Room および Enterprise Client 用にファイアウォールのルールを設定します。必要なポートとその用途のリストについては、次の表を参照してください。

Enterprise Client に必要なポート

プロトコル ポート ルール
TCP 943 および 4530 Client インバウンド

Client の内部コミュニケーションに使用

Version 11.3.4SMTP 1 ~ 65535 Client SMTP アウトバウンド

送信 SMTP ポートは手動で構成できます

RDP 3389 Client インバウンド

Control Room に必要なポート

警告: Control Room サーバー間の通信が適切に保護されていることが非常に重要です。これらの Control Room サーバーには、セキュリティ上の機密情報が暗号化されないまま含まれています。そのため、Control Room サーバーを除外し、表に示された Automation Anywhere クラスター通信ポートに対する他のすべてのネットワーク ホストからのアクセスをブロックします。
注: ここに表示されているオープン ポートはローカル ホストに接続し、通常はダイナミックに割り当てられているため、リモート ホストにアクセスできないポートは含まれていません。

次の表には、オープン ポートの要件が表示されています。注記がない場合は、Control Room サーバーでインバウンド ポートを開きます。

プロトコル 受信ポート 用途 接続されているもの
HTTP 80 HTTP

Web ブラウザ

Bot Runner

Bot Creator

HTTPS 443

HTTPS および

Web ソケット

Web ブラウザ

Bot Runner

Bot Creator

TCP 1433 Microsoft SQL Server Control Room サービス

Bot Insight サービス

TCP 5672 クラスター メッセージング Control Room サービス
TCP 47500 – 47598

クラスター メッセージングおよび

キャッシング

Control Room サービス
TCP 47100 – 47200

クラスター メッセージングおよび

キャッシング

Control Room サービス

ポートを Control RoomIQ Bot サーバーで開きます

HTTP 47599 Elasticsearch Control Room サービス
TCP 47600 Elasticsearch Control Room サービス

Automation Anywhere Enterprise のデータセンター ポートとプロトコル

Control Room 統合に必要な各データセンター コンポーネントを設定します。

Control Room との通信のためにポート番号のラベルが付いたデータセンター コンポーネント

デフォルト ポートが説明のために記載されています。一部のポートは、Control Room のインストール時に別のポート番号が指定されている場合があります。一部のポート番号は、Control Room のインストール後に変更できます。Active Directory ポートが、Enterprise Identity Management の例として記載されています。

データセンター オブジェクト デフォルトのポート デフォルトのプロトコル 注記
ロード バランサー 443 HTTPS と Web ソケット

80

HTTP

ファイアウォール 443 HTTPS と Web ソケット

80

HTTP

Enterprise Identity Management

例: Active Directory ポート

389 TCP (LDAP)

636

TCP (LDAP SSL)

3268

TCP (LDAP Global コントローラー)

3269

TCP (LDAP Global コントローラー SSL)

88

TCP/UDP (Kerberos)

Subversion サーバー 443 HTTPS と Web ソケット Control Room の [設定] ページからデフォルト設定を変更します。

80

HTTP

Microsoft SMB ファイル共有 445 TCP
Postgre SQL 5432 TCP Control Room のインストール時にデフォルト設定を上書きします。
Microsoft SQL データベース サーバー 1433 TCP Control Room のインストール時にデフォルト設定を上書きします。
Oracle データベース サーバー 1521 TCP Control Room のインストール時にデフォルト設定を上書きします。

Microsoft Azure のサポートされているデータセンター エレメント

データセンター オブジェクト バージョン 構成
Control Room のオペレーティング システム

Windows Server 2016

Windows Server 2019

Windows Server 2012 R2

IaaS

Enterprise Client のオペレーティング システム

Windows Server 2016

Windows Server 2019

Windows Server 2012 R2

IaaS

Identity Management: Azure Active Directory

Azure Active Directory

IDaaS

Windows 2016 (Iaas 用)

SMB ファイル共有 Azure ファイル共有 PaaS または IaaS
ロード バランサー Azure ロード バランサー PaaS
PostgreSQL Server Azure PostgreSQL (9.5.14 および SSL 無効) PaaS または IaaS
Microsoft SQL Server

Azure SQL データベース (Microsoft SQL Azure (RTM) - 12.0.2000.8) (PaaS)

  • Azure SQLデータベースには、単一のデータベースと、弾力性のあるプールにデプロイされたデータベースの両方が含まれます。
  • Microsoft SQL Server 2016 または 2017 サポート (IaaS)

PaaS

Subversion サーバー Bitnami Subversion 1.10.0-0 (Linux) IaaS

Microsoft Azure のセキュリティ ポリシーが推奨するポート

データセンター オブジェクト ポート プロトコル
Control Room 80, 443 任意
Azure Active Directory 53、389 任意
LDAP: 3268、3269 任意
E メール SMTP 587 任意
SSH 22 任意
RDP 3389 TCP

E メール サーバー ブラウザ ポート

Bot を作成するときは、記載されたポートと SMTP ホスト名を使用します。

サーバー ホスト名 対応ポート
Outlook/Office 365 smtp-mail.outlook.com 25、587
Gmail smtp.gmail.com 465、587
Yahoo smtp.mail.yahoo.com 25、465
Hotmail smtp.live.com 587
Version 11.3.4Enterprise Client client_host_name 1 ~ 65535
フィードバックを送る