Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン管理要件

  • 更新済み: 3/30/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

バージョン管理要件

任意で、環境に適したバージョン管理システム (VCS) をインストールし、リポジトリ用にインストールされた VCS を Control Room から有効にし、それぞれの Enterprise Client を使ってバージョン管理機能を使用します。

バージョン管理の統合

サブバージョン リポジトリを作成し、サブバージョン管理者ユーザーに Control Room の管理者権限を提供します。サブバージョンは Apache Subversion ソフトウェア プロジェクトによって提供されます。

コンポーネント バージョン 常駐 注記
Apache Subversion 1.10.4 VisualSVN Server 4.3.x (推奨) Automation Anywhere Enterprise は、VisualSVN Server とのサブバージョン統合をテストし、認定しています。

管理者アカウントを持つサブバージョン リポジトリが必要です。

1.9.7 VisualSVN Server 3.6.x
1.8.15 VisualSVN Server 3.3.x
1.7.2 VisualSVN Server 2.5.2
Bitnami Subversion Stack 1.10.0-0 (Linux) Microsoft Azure インストールに使用します。PaaS として構成します。
フィードバックを送る