Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サポートされているサービスの依存関係

  • 更新済み: 5/15/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

サポートされているサービスの依存関係

Control Room および Enterprise Client には、選択した Automation Anywhere Enterprise オプションに応じて、追加のサードパーティ要件があります。必要に応じて、一部のサービスは Automation Anywhere Enterprise の導入時にオプションでインストールされます。一部のサービスには Automation Anywhere特定のプラグインが必要です。

注意: アンチウイルス スキャンは Bot の実行を妨害するため、Automation Anywhere ローカル リポジトリでは実行しないようにします。

サポート対象オプションの Control Room 依存関係

リストされているサポート対象オプションを使用する場合は、リストされている依存関係をインストールします。

依存関係 Version: サポート対象オプション
HTML Microsoft Azure の場合: アプリケーション ゲートウェイではなくロード バランサーを使用
Microsoft Active Directory

IDaaS または IaaS のいずれかとして構成

IaaS では Windows 2016 を使用
Microsoft Internet Information Services (IIS) Web サーバー バージョン 8 以降 Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) および Kerberos をサポート
Microsoft .NET Framework[1] 必須。 バージョン 4.6、4.6.1、または 4.7

4.6.1 は Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のみでサポート

Version 11.3.1.2Microsoft SQL Server 用 の Microsoft OLEDB ドライバー Microsoft Azure インストールの場合
Version 11.3.1.2Microsoft Visual C++ Redistributable for Visual Studio バージョン 2013 以降 Microsoft Azure インストールの場合
Java Database Connectivity (JBDC) ドライバー Oracle Database の場合
Security Assertion Markup Language (SAML) バージョン 2.0 シングル サインオン (SSO) の場合
注記 1:

物理的または仮想にかかわらず、新しいマシンでは Microsoft .NET Framework をインストールする前に Microsoft Office をインストールします。これにより、 Primary Interop Assemblies (PIA) Redistributable がインストールされます。

サポート対象の Bot タスクの Enterprise Client 依存関係

一覧に示す Enterprise Client または Bot オプションのリストされた依存関係をインストールします。

依存関係 Automation Anywhere プラグイン Enterprise Client または Bot オプション

Version 11.3.3ABBYY FineReader エンジン バージョン 11 または 12

画像をキャプチャする場合

Version 11.3.3Adobe ActionScript (Advanced Flex) バージョン 3.0

Automation Anywhere Flex プラグイン

Web タスクを記録する場合

Bot Creator の技術サポート。

Windows 10、MetaBotWindows Server 2012、または Windows Server 2016 ではサポート対象外

AISense Talk to Text の場合

Version 11.3.2Citrix Receiver

バージョン 4.4 LTSR 以降

Automation Anywhere Citrix プラグイン

Automation Anywhere Citrix のリモート エージェント、Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.2 以降

Citrix サーバーの常駐アプリを使用する場合または Enterprise Client をインストールする場合

Version 11.3.2Citrix Virtual Apps バージョン 6.5 以降

Automation Anywhere Citrix プラグイン

Automation Anywhere Citrix のリモート エージェント、Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.2 以降

Citrix サーバーの常駐アプリを使用する場合

Version 11.3.2Citrix XenDesktop バージョン 7.15 LTSR

Automation Anywhere Citrix プラグイン

Automation Anywhere Citrix のリモート エージェント、Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.2 以降

Citrix サーバーの常駐アプリを使用する場合または Enterprise Client をインストールする場合

Version 11.3.3HTML

Web タスクを記録する場合 Bot Creator の技術サポート。

Version 11.3.2IBM WebSEAL

リバース プロキシの場合

すべての Enterprise Client マシンに必要かつ信頼できる Client 証明書

Version 11.3.3LinguaSol Linguify

言語を翻訳する場合

Version 11.3.3Microsoft Active Accessibility (MSAA)

Bot Creator 用にデータセット テクノロジーのサポートをインポート/エクスポートします。
Microsoft Active Directory

IDaaS または IaaS のいずれかとして構成

IaaS では Windows 2016 を使用
Microsoft Office Document Imaging (MODI) バージョン 12.0 OCR エンジンの場合
Microsoft .NET Framework バージョン 4.6、4.6.1、4.7、または 4.8 4.6.1 は Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のみサポート
Microsoft Visual C++ Redistributable for Visual Studio バージョン 2015 以降 Control Room インストールの場合
Windows Presentation Foundation (WPF) Web タスクを記録する場合

Oracle Java のバージョン:

1.6 (JRE 1.6.0_45)、

1.7 (JRE 1.7.0_80)、または

1.8 (JRE 1.8_111) - デスクトップおよび Web

Web タスクを記録する場合

デスクトップ (スタンドアロン) Java アプリケーション (JRE 6 以降のバージョンで実行) の場合、Automation Anywhere Java プラグインは必要ありません。

Bot Creator の技術サポート。

オーケストレータ 非永続的な VDI で Bot を導入する場合。API の実行をサポートするサードパーティ製ツールをダウンロードしてインストールします。
プロキシ サービス Web サービス コマンドの場合

Version 11.3.3SAP ビジネス アプリケーション プログラミング インターフェース (BAPI) 統合バージョン 3.0.21.0 用の SAP DLL

SAP でタスクを自動化します

Version 11.3.3PowerBuilder プラットフォーム バージョン 10.5

Silverlight バージョン 5.1.x

Web タスクを記録する場合

Windows 10 および MetaBot ではサポートされていません。
SMB ファイル共有

PaaS (最低 50 GB) として構成

Microsoft Azure インストールでは Microsoft Azure ファイル共有を使用
Tesseract Optical Character Reader (Tesseract OCR) バージョン 5.0 OCR エンジンの場合

端末エミュレーター

タイプ:

  • ANSI (デフォルト)
  • Version 11.3.3IBM-5555-XXX DBCS
  • VT Series VT100
  • Version 11.3.3VT Series VT220
  • TN3270
  • TN5250
ターミナル ホストにアクセスしてコントロールする
UIAutomation Bot Creator の技術サポート。
VMware Horizon バージョン 4.8.0 Enterprise Client をインストールする場合
Windows Communication Foundation (WCF)、Transport Layer Security (TLS) 安全な通信の場合
Windows Server Essentials メディア パック、メディア ファンデーションが有効 バージョン 1.2 Image Recognition コマンド向け。

Windows Server Essential Media Pack の構成」をご覧ください。

フィードバックを送る