Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ハードウェア要件

  • 更新済み: 4/20/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ハードウェア要件

Control Room は、データセンター内のサーバーにデプロイされます。Enterprise Client は、サポートされているオペレーティング システムが実行するすべてのデバイスにデプロイできます。Automation Anywhere ハードウェアの最小要件には、サーバー、マシン、プロセッサー、RAM、ディスク ストレージ、ネットワークがあります。

注: Automation Anywhere は、ディスク スペースの使用量、メモリ、リポジトリに関連する他のアラートやメカニズムなど、リポジトリに対するモニタリング機能を提供しません。商用ツールは、当該のツールを提供する第三者の独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) から取得できます。

Java プロセスの実行中に Control Room のメモリ使用量が増加した場合、メモリ不足または同様の例外が発生しない限り、これは予想される動作です。Control Room サーバーのインストールに推奨される RAM を使用していることを確認してください。

すべてのサーバーまたはマシンで、インストール ウィザードには次の項目が必要です。

  • IP アドレス: インストールする前に、データセンター クラスター内のすべてのノード (サーバー) の IP アドレスを特定します。これらの IP アドレスは、Control Room のインストール時に提供します。
  • ハードウェア アクセス: Automation Anywhereインターフェースの表示を有効にするには、次を提供します:
    • キーボード
    • マウスまたはその他のポインティング デバイス
    • 1366 x 768 以上の高解像度モニター

Control Room サーバーの要件

サーバー レベルのマシンで Control Room をインストールする必要があります。サーバーは、データセンター内の物理的マシン、またはクラウド プラットフォーム上のインスタンスとされる場合があります。

コンポーネント サーバー プロセッサー RAM ストレージ

(ディスクの空き容量)

ネットワーク
Control Room サーバー 8 コア Intel Xeon プロセッサー 16 GB 500 GB 1 GbE
Amazon Web Services EC2 での Control Room 8 コア Intel Xeon プロセッサー 16 GB 500 GB 1 GbE
Google Cloud PlatformControl Room 8 コア Intel Xeon プロセッサー 16 GB 500 GB 1 GbE
Microsoft AzureControl Room 8 コア Intel Xeon プロセッサー 16 GB 500 GB 1 GbE
注: アップリンク トラフィックは、実行されるオートメーションの複雑さに応じて、1 GbE を急速に超える可能性があるため、Control Room ネットワーク帯域幅を 1 GbE 以上に構成することをお勧めします。

予想される製品の使用状況と Control Room に格納されるデータに基づいて、Control Room リポジトリが正常に機能するために十分な容量が割り当てられているようにしてください。

注: IQ Bot サーバー要件については、「IQ Bot ハードウェア/ソフトウェア要件」を参照してください。

Enterprise Client マシンの要件

Enterprise Client は、一覧化された要件を満たすすべてのマシンにインストールできます。リストされている値は、それぞれ対応するコンポーネントの値です。Bot CreatorBot Runner の要件は、Enterprise Client の要件に含まれています。

コンポーネント サーバー プロセッサー RAM ストレージ

(ディスクの空き容量)

ネットワーク
ハードウェア マシンの Enterprise Client です。 3.5 GHz+ で 4 マルチコア以上 マシンに付き 8 GB 以上 8 GB 1 GbE

仮想マシン上の Enterprise Client

仮想マシンのオプション:

  • Citrix XenDesktop1
  • VMware Horizon Client バージョン 4.8.0 以降
  • Windows マルチ ユーザー ターミナル サーバー

4 仮想 CPU (vCPU) または論理プロセッサー (vCPU あたりの速度が 1.2 - 1.5 GHz)

仮想マシンあたり 8 GB

8 GB 1 GbE

クラウド サービスの Enterprise Client

クラウド プロバイダーのオプション:

  • Amazon Web Services EC2
  • Google Cloud Platform
  • Microsoft Azure
Automation Anywhere インスタンスあたり 4 CPU

Automation Anywhere インスタンスあたり 8 GB

8 GB 1 GbE
マルチ ユーザー システム上の追加ユーザー。 追加ユーザーあたり 2 CPU 追加ユーザーあたり 4 GB 追加ストレージが必要です。 追加ストレージは必要ありません。
Bot CreatorBot Runner 3.5 GHz+ で 4 マルチコア以上 マシンに付き 8 GB 以上

Automation Anywhere スクリプトごとに 100 - 150 KB を追加

長期的な MetaBot プロジェクトごとに 40 ~ 50GB を追加

1 GbE
注記 1:
Enterprise ClientCitrix XenDesktop にインストールするには、Citrix XenDesktop へのログインに使用するローカル マシンに Citrix Receiver をインストールします。
Enterprise Client マシンの RAM:
  • Enterprise Client は 32 ビット アプリケーションでマルチ スレッドに対応し、Bot の実行など、複数のタスクを並行して実行します。
  • 例えば以下のような、Enterprise Client サーバー上で実行されるアプリケーションやサービスに RAM を追加します。
    • Microsoft Office アプリケーション。例: Excel
    • ブラウザ。例: Google Chrome
    • Enterprise アプリケーション。例: CRM、Oracle EBS、SAP
    • VDI インフラストラクチャ アプリケーション
    • ウイルス対策ソフトウェア
Enterprise Client マシンのストレージ容量:
  • Automation Anywhere のスクリプトは平均して約 100 - 150 KB です。オートメーション プロジェクトを作成するには、オートメーション スクリプトの実行中にスクリーンショット、サーバー ログ、監査ファイルなどの一時ファイルを作成するため、追加の空きディスク容量が必要です。
  • 必要な空き容量は、プロジェクトの規模に応じて増加します。長期プロジェクトを実施するには、40 - 50 GB 以上の空きディスク容量を確保することをおすすめします。
  • 製品の使用状況に応じて、インストール後にストレージ容量を構成して増やします。たとえば MetaBot Designer では、ログ ファイルやロジックの生成には、後で追加のディスク領域が必要になります。
フィードバックを送る