Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

データセンターの要件

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

データセンターの要件

Automation Anywhere Enterpriseはデータセンター内のサーバーに導入されます。このトピックにはデータセンターの要件が一覧化され、各要件の説明へのリンクが提供されています。

リスト項目をクリックすると、詳細情報が表示されます。Enterprise の実稼働環境に導入する場合、Automation Anywhere は最大限のデータ保護と Bot 機能を実現するために、高可用性と災害復旧の両方の設定で複数のサーバーにわたって導入されます。データセンターの設定要件の説明は次のとおりです。

データベース要件
Automation Anywhere インストール中に、同じデータベース タイプの 2 つのデータベース インスタンスが作成されます。サポートされたデータベース、データベース サーバー タイプ、バージョン、ハードウェアとオペレーティング システムの要件、ならびにデータベース バックアップとリカバリー要件のリストを表示します。
SQL Server を使用
Control Room データベースを設定する前に Microsoft SQL Server を構成します。
ロード バランサーの要件
Automation Anywhere インストールのロード バランサーの要件を表示します。これには、ロード バランサーの最小要件と、TCP と HTTPS レイヤーの両方のロード バランサー要件が含まれています。
Control Room ポート、プロトコル、ファイアウォール要件
Automation Anywhere 導入のためのデフォルトの設定可能なファイアウォール、ポート、プロトコル要件を表示します。
ネットワーク データ速度要件
Automation Anywhere コンポーネントとデータセンター間で必要とされる、データ転送速度が一覧表示されています。
バージョン管理要件
任意で、環境に適したバージョン管理システム (VCS) をインストールし、リポジトリ用にインストールされた VCS を Control Room から有効にし、それぞれの Enterprise Client を使ってバージョン管理機能を使用します。
対応ブラウザ
対応ブラウザは Control Room にアクセスするために使用します。Enterprise Client では、対応ブラウザを使用するタスク付きの Bot を構築します。Automation Anywhere Enterprise では、ブラウザ固有のプラグインを提供します。
容量およびパフォーマンスの計画
導入に必要な容量とパフォーマンスを計画するには、同時に実行する Bot 数、ユーザー セッション数、処理速度を決定する要件、制限、デフォルト値を理解することが大切です。
HA、DR、単一ノードの導入
導入モデルを選択する前に主要の要件を特定します。Automation Anywhere Enterprise は、費用対効果や耐障害性に関するさまざまなレベルの企業ニーズに対応できるよう、複数の導入オプションが用意されています。これには、単一ノードのインストール、高可用性 (HA) クラスター、地理的に分離されたサイトでの災害復旧 (DR) が含まれています。
高可用性デプロイ モデル
高可用性 (HA) デプロイ モデルは、Control Room のサーバー、サービス、データベースに耐障害性を提供します。
災害復旧導入モデル
災害復旧 (DR) 導入モデルでは、地理的領域に分散された高可用性 (HA) クラスターを使用します。
フィードバックを送る