Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

HA、DR、単一ノードの導入

  • 更新済み: 4/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

HA、DR、単一ノードの導入

導入モデルを選択する前に主要の要件を特定します。Automation Anywhere Enterprise は、費用対効果や耐障害性に関するさまざまなレベルの企業ニーズに対応できるよう、複数の導入オプションが用意されています。これには、単一ノードのインストール、高可用性 (HA) クラスター、地理的に分離されたサイトでの災害復旧 (DR) が含まれています。

計画

最良の結果を得るには、Automation Anywhere のロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) 開発、テスト、実稼働環境全体で同じオペレーティング システムを導入します。少なくとも、テストや実稼働環境ではまったく同じ OS を使用します。

導入モデル

一般的に、Automation Anywhere はビジネス継続性の要件に応じて次の 3 つの方法でインストールできます。

単一ノード デプロイ
単一ノード デプロイは、PoC (概念実証) のためのデプロイで使われることがあります。
高可用性デプロイ モデル
高可用性 (HA) デプロイ モデルは、Control Room のサーバー、サービス、データベースに耐障害性を提供します。
災害復旧導入モデル
災害復旧 (DR) 導入モデルでは、地理的領域に分散された高可用性 (HA) クラスターを使用します。
フィードバックを送る