Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room の概要

  • 更新済み: 3/30/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

Control Room の概要

Control Room は、Enterprise 全体への実装時に自動化されたプロビジョニング、オーケストレーション、ガバナンス、実用的な分析を提供します。これには、特殊 Web サービスのコレクションを使用した BotBot RunnerBot Insight の管理、スケジュール設定、実行、構成が含まれます。

Control Room は、すべての Bot を一元管理する拠点です。Enterprise Control Room はデジタルワークフォース プラットフォームの頭脳です。これは Windows サーバー ベースの Web アプリケーションで、Enterprise 全体での Bot のデプロイ、管理、制御において、Bot Insight アナリティクス機能と Elasticsearch 検索機能を含む単一の管理者インターフェースを提供します。

データ センターでは、Control Room をサーバーにインストールして、データ センターの他のコンポーネントとやり取りするように設定します。リモート接続リクエストをリッスンして、これらのリクエストを適切な専用サービスに転送するには、リバース プロキシを使用します。データ センターは、オンプレミス サーバーであるか、または、クラウド サービス プロバイダーから提供されます。下図は、Control Room のコンポーネントとデータ センターでの一般的なやり取りを示したものです。オレンジのオブジェクトは Automation Anywhere のコンポーネントです。青のオブジェクトは組織によって提供されたデータ センター コンポーネントです。

Control Room とデータ センター

Control Room には次の機能があります。

  • Automation Anywhere ライセンシング

  • Control Room サービス

  • Control Room メッセージング

  • Control Room キャッシング

Bot Insight には次の機能があります。

  • Bot Insight ビジュアライゼーション

  • Bot Insight スケジューラー

  • Bot Insight サービス検索

  • Bot Insight Elastic Data Cloud (EDC)

  • Bot Insight サービス

ElasticsearchControl Room と統合することによるフル検索機能

Automation Anywhere に含まれていないデータ センター コンポーネント:

  • Version 11.3.1.10外部 (CyberArk) キー Vault 統合

  • Version 11.3.1Microsoft SQL Server または Oracle Server データベースです。

    Automation Anywhere は、インストール時に Control Room データベースと複数の Bot Insight 分析データベースを作成します。

  • Subversion サーバー (任意)

  • サーバー メッセージ ブロック (SMB) ファイル共有

  • PostgreSQL Server

    任意で、Automation Anywhere のインストール中にインストールされます。Automation Anywhere によって、ダッシュボード メタデータ データベースが作成されます。

一元的なオートメーションのデプロイ

一元的な Bot 制御
Control Room は、Bot を実行するための単一のアクセスポイントして機能し、制御します。
  • Enterprise 全体のすべての Bot はまず Control Room にアップロードされます。
  • すべての Bot CreatorBot Runner は、操作前に Control Room に登録されます。
  • Control Room のみが Bot RunnerBot を実行できます。
  • Control Room に読み込まれた Bot のみ Bot Runner で実行します。
Bot の認証
すべての自動化アクティビティは、Control Room を介して認証されます。
リモート Bot
リモートで実行中のオートメーション BotControl Room から一元管理します。
バージョン管理
Control Room への Bot のアップロードとダウンロード:
  • 組み込み型の Bot バージョン管理機能を適用
  • エンド ツー エンドのビジネスプロセス オートメーションにシームレスなコラボレーションを促進
  • 複数のユーザーをサポート
スケジュール設定
すべてのスケジュール設定は Control Room を通じて管理します。Bot は、アドホックまたは事前定義されたスケジュールに沿い、Bot Runner 上でデプロイされます。スケジュールが作成されると、Control Room では、Bot の更新が自動的かつインテリジェントに取得されます。自動化のスケジュールを変更する必要はありません。

一元的なアクセス制御

最低限の権限とアクセス制御
Control Room は、安全なデジタルワークフォース プラットフォームを確保するため、きめ細かなロール ベースのアクセス制御 (RBAC) を使用してユーザー アクセスを提供します。
ユーザーの作成
すべてのユーザーとロールは、Control Room で作成および管理します。「ロールの概要」、「ユーザー管理の概要」、「Bot タスクのデフォルト ライセンスとロール」をご覧ください。
カスタム ロール
管理者は、Enterprise Control Room のオブジェクトや機能などのフル スイートで、カスタム ロールを定義および許可を設定します。「ロールの作成」をご覧ください。
制御された機能
ユーザー管理、ライセンシング、Credential VaultBot のスケジュール、ダッシュボード、監査ログなどに適用されたライセンスやロールを管理します。
認証
LDAP を介した Active Directory の複数の認証オプションの活用、Kerberos を使用した Active Directory、組み込み型の Credential Vault を使用したローカル認証、Security Assertion Markup Language (SAML) 2.0 を使用したシングル サインオン (SSO)です。
バージョン管理
複数のユーザーによる共同作業を行う場合は、組み込み型のBot バージョン管理機能にアクセスします。
資格情報の管理
Version 11.3.1.10安全な Automation Anywhere Credential Vault または外部 (CyberArk) キー Vault を使用して、システム管理型の資格情報や重要なシステム構成データを保管します。
暗号化
保存中や転送中のデータで産業グレードの暗号化を適用します。

一元的なワークフォース管理

リアルタイム データ
Control Room は、イベント、例外、アラートなど、オートメーションからハートビートやテレメトリーをリアルタイムに受信します。
権限が与えられたユーザー
権限を与えられたユーザーのみが、Bot Runner で実行中のオートメーションを一時停止、再開、停止できます。
ビジネス ニーズ
産業規模のオートメーションのためにダイナミックなワークロード管理 (WLM) を使用して、ダイナミックなサービス水準合意 (SLA) の要求を満たします。WLM には、価値の高いタスク キューの優先順位付けを可能にする、人間参加型の柔軟性を持つ組み込み型の SLA カリキュレーターが含まれています。Bot ライフサイクル管理 (BLM) を使用して、厳格なコンプライアンス要件を満たすためのベスト プラクティスを強制します。「ワークロードの概要」をご覧ください。
ダッシュボード
Control Room ダッシュボードは、オートメーションのインフラストラクチャ全体を単一ビューで提供します。自動化されたダッシュボードのカスタマイズ「ダッシュボードの概要」をご覧ください。
イベントの詳細
ユーザー、BotBot CreatorBot Runner の作成、変更、有効化、無効化、削除など、ユーザーおよびエンティティ アクションのイベントの詳細をキャプチャします。
レポートのカスタマイズ
レポートを使用して監視し、異常なアクティビティを特定して警告します。
ログのエクスポート。
ログをエクスポートし、セキュリティ情報およびイベント管理 (SIEM) や高度な分析ツールなど、組織がすでに使用しているその他の分析、レポート、インシデント調査/対応用のインフラストラクチャとともに使用します。
監査ログ
オートメーションのすべての履歴データは記録され、Control Room 監査ログを介して使用できます。「監査ログの概要」をご覧ください。
フィードバックを送る