Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation Anywhere の構成とプロパティ ファイル

  • 更新済み: 7/02/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Automation Anywhere の構成とプロパティ ファイル

インストールされた Automation Anywhere Enterprise ファイルは、スケジュール設定、自動ログイン、および Bot RunnerBot Creator のクライアント構成を管理します。

注: Automation Anywhere は UTF-8 ファイル エンコード タイプをサポートします。Enterprise Clientまたは Control Room 構成を編集または作成する場合は、ファイル エンコードの種類として UTF-8 を使用してください。

ほとんどの設定ファイルは、デフォルトで次の場所にインストールされます。

C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\

次の設定ファイルをインストールする必要があります。

インストール ライセンス キー

アカウント マネージャーにインストーラーと対応するライセンスキーを申請します。

Automation Anywhere Control Room および Enterprise Client のインストール手順については、製品ドキュメントを参照します。

Bot Creator スケジュールの設定ファイル
  • 設定ファイル名: Settings.xml
  • 設定ファイルの場所:

    C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere Client Files\v11\Automation Schedules

  • ログファイル名: AASchedulerService.txt
  • ログファイルの場所:

    C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere Client Files\v11\LogFiles

自動ログインの設定ファイル
  • 設定ファイル名: Automation.Autologin.Settings.xml
  • 設定ファイルの場所:

    C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere Client Files\v11\Automation Autologin\SYSTEM

Client 設定ファイル
  • 設定ファイル名: AA.Settings.xml
  • 設定ファイルの場所:

    C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere\Enterprise\Client

データベースの設定ファイル

データベース接続文字列は次のファイルに設定されます。

  • 設定ファイル名: boot.db.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\Automation Anywhere\Enterprise\config

バージョン管理

バージョン管理は Subversion (SVN) によって行われます。Control Room UI を使用して場所を設定します。

必要に応じて、次の設定ファイルが追加で作成されます。
クラスター 設定
  • 設定ファイル名: cluster.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\config\

キー ディストリビューション センター (KDC)
  • 設定ファイル名: um.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\config\

並列リポジトリの調整
  • 設定ファイル名: boot.server.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\config\

リモート デスクトップ プロトコル (RDP)
  • 設定ファイル名: deployment.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\config\

URL リソース
  • 設定ファイル名: DWMP_CONNECTIONS.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\Automation Anywhere\Enterprise\DWAService\bin\src\main\resources

信頼できるリストの制限
  • 設定ファイル名: repository.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\config\

ワークロード管理
  • 設定ファイル名: wlm.properties
  • 設定ファイルの場所: <installation_location>\Automation Anywhere\Enterprise\config

Zoomdata
  • 設定ファイル名: zoomdata.propertiesscheduler.propertiesquery-engine.propertiesedc-mssql.properties
  • 設定ファイル名: <installation_location>\Automation Anywhere\Enterprise\zoomdata

フィードバックを送る