Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot の導入と同時操作

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot の導入と同時操作

最大同時操作数と推定展開時間のリストです。

Automation Anywhere は最大 1000 個の Bot を同時に導入および実行できます。

同時導入操作

注: 次のリストのエンティティ数は、Automation Anywhere Enterprise がサポートできるエンティティの最大数に関する情報を提供します。追加の Control Room またはマシン リソースを展開しても、エンティティ数には影響しません。導入にかかる時間は、ネットワークの品質によって異なります。Control Room の数とネットワーク接続速度を増やすと、スループットが向上し、より迅速な導入が可能になります。
エンティティ タイプと数
エンティティ タイプ
ユーザー 5000
ロール 2000
スケジュール 1,500
監査エントリ 50000
ロッカー 100
資格情報 5000
リポジトリ ファイル 2500
リポジトリ フォルダー 1250
キュー 10
デバイス プール 10
作業項目 1,000,000
Unattended Bot 向けの同時導入操作
アクション 1 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 2 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 3 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 4 つの Control Room での最大値
展開と実行 1,000 1,000 1,500 2000
Bot Creator からのリポジトリ アップロード 100 100 150 200
Bot Creator からのリポジトリ ダウンロード 100 100 150 200
Attended Bot 向けの同時導入操作
アクション 1 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 2 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 3 つの Control Room での最大値 高可用性 (HA) 構成の 4 つの Control Room での最大値
接続済み Attended デバイス 4500 4500 8000 12000
推定展開時間
デバイス数 Bot および依存関係の合計サイズ 概算展開時間
1,000 10 MB 1 分
1,000 50 MB 1 分
1,000 100 MB 5 分

デバイスと Control Room が連携し、リポジトリとの間でチャンク化されたデータをダウンロードおよびアップロードする際に、バランスのとれたキューイング方法を実現します。

ダウンロードとアップロードを同時に行うデバイスの数が増えるにつれて、Control Room がチャンク リクエストの処理を開始するまでにかかる時間は長くなります。デバイスは、アップロードまたはダウンロードのリクエストがタイムアウトするまで、最大 2 分間レスポンスを待機します。デフォルトでは、並列処理されるリポジトリ リクエストは 10 個まで、同時展開および実行は 1000 デバイスまでに制限されていて、チャンクをキューに追加して処理する平均時間はおよそ 10 秒となっています。

注: Bot Creator からのダウンロードおよびアップロードは、導入と同じ QoS ポリシーに従います。

並列リポジトリ操作の調整

デバイスと Control Room 間のネットワーク接続が参照構成よりも遅い場合、または展開中の CPU 使用率が低い場合は、並列リポジトリ リクエストの数を増やしてスループットを高めることができます。

参照構成よりも Control Room の CPU 速度が低い場合、またはネットワークの速度が高い場合は、展開環境全体での CPU の過剰使用によって可用性が失われないよう、許可する並列リポジトリ リクエストの数を少なくしなければならない場合があります。

実行中に CPU 使用量が過剰となってControl Roomまたはデータベース サーバーの可用性が失われる場合は、並列処理されるリクエスト数のデフォルト値 (10) を調整して少なくすることができます。

並列リポジトリ リクエストの数を調整するには、以下の手順に従います。

  1. まだ存在していない場合は、Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config ディレクトリ内に boot.server.properties ファイルを作成します。
  2. 以下の行を追加します。

    requests.max.client.concurrent.repo=<number>

フィードバックを送る