Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

容量およびパフォーマンスの計画

  • 更新済み: 4/03/2020
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

容量およびパフォーマンスの計画

導入に必要な Control RoomOn-Premises の容量とパフォーマンスを計画するには、同時に実行する bots 数、ユーザー セッション数、処理速度を決定する要件、制限、デフォルト値を理解することが大切です。

次のトピックでは、要件に合った導入時のシナリオを計算するために役立つ情報が提供されています。

bot の同時展開と実行
導入に必要な Control RoomOn-Premises の容量とパフォーマンスを計画するには、同時に実行する bots 数、ユーザー セッション数、処理速度を決定する要件、制限、デフォルト値を理解することが大切です。
Bot のサービス品質プロパティ
Control Room の可用性に関しては、サービス品質 (QoS) という概念が使用されます。
Bot agent のステータス処理
Bot agent からのステータス メッセージが処理される速度には、速度制限という手法が適用されます。
フィードバックを送る