Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot エージェント のステータス処理

  • 更新済み: 2020/04/03
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

Bot エージェント のステータス処理

Bot エージェント からのステータス メッセージが処理される速度には、速度制限という手法が適用されます。

Bot エージェント からのステータス更新を処理する速度は、速度制限の対象となります。速度制限は、Bot エージェントControl Room ノードに基づいて行われます。これにより、大量の Bot の同時実行に伴う過負荷を防止できます。

  • 速度制限は、未処理のステータス更新メッセージの数に応じて動的に調整されます。

  • 開始、停止、エラーを示す重要なステータス更新メッセージは、速度制限の対象外です。

  • リアクティブ速度制限が有効になっている場合、[アクティビティ] ページで報告される進捗状況の更新回数は通常より少なくなります。

フィードバックを送る