Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Private Bot Store のスタート ガイド

  • 更新済み: 2020/08/19

    Private Bot Store のスタート ガイド

    bots および社内の bot ユース ケースを表示し、送信するには Private Bot Store を使用します。bots を確認および公開し、ユーザーを管理するには管理者ツールを使用します。

    Private Bot Store の使用を開始する方法の概要を以下に示します。

    1. Private Bot Store サポート チームは会社の管理者ユーザーを作成します。
    2. オプションで、サポート チームは SAML ベースの SSO または Active Directory Federation Services (ADFS) の統合のセットアップを支援します。
    3. 管理者ユーザーは、他のユーザーに Private Bot Store へのアクセス権と権限を付与します。(SAML ベースの SSO または ADFS を使用する場合、これは自動で行われます)。
    4. bot ユーザーは リストを作成し、承認のために送信します。
    5. 管理者ユーザーは、送信された bots を承認または却下できます。
      • 承認されると、bot リストが公開され、組織内の他のユーザーのために Private Bot Store に表示できるようになります。
      • 却下された場合、bot の作成者には更新が必要な内容に関するフィードバックが届きます。bot の作成者は bot を更新し、再送信します。
    6. 社内の他の従業員は、公開済みの bot リストにアクセスし、自動化タスクでそれらを使用します。
    フィードバックを送る