Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デバイス プール API に作成

  • 更新済み: 2021/01/29

    デバイス プール API に作成

    デバイス プールは、ワークロード管理の自動化またはスケジュールされた自動化を実行するデバイスまたは同様の Bot Runner マシンの論理グループです。API を使用して一意の名前でデバイス プールを作成し、Unattended Bot Runners をデバイス プールに追加します。

    前提条件

    注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。

    次のものがあることを確認します。

    • AAE_Pool_Admin のロールとすべてのデバイスの表示と管理を行う権限
    • 認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。認証 API をご覧ください。
    • エンドポイント URL:
      • <your_control_room_url>/v2/devices/pools
      • <your_control_room_url>/v2/devices/list

    手順

    1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
    2. POST メソッドとエンドポイント URL: <your_control_room_url>/v2/devices/pools.
      使用可能なすべての deviceIds のリストを検索またはリストを取得したい場合は、以下のエンドポイントURLを使用してください。

      デバイスの詳細のリクエスト

      以下に例を示します。
      POST https://192.0.2.0/v2/devices/pools

      この例のリクエスト本文では、デバイス プールにオートメーション スキーム、Unattended (サーバーから実行を指示)Bot Runners、オーナー、およびコンシューマを追加できます。

      リクエスト本文:
      {
        "name": "Finance-device-pool",
        "description": "Pool for Finance RPA",
        "deviceIds": [
          "1",
          "10"
        ],
        "automationScheme": "ROUND_ROBIN",
        "ownerIds": [
          "1",
          "24",
          "26"
        ],
        "consumerIds": [
          "21",
          "22"
        ]
      }
    3. リクエストを送信します。
      リクエストが成功すると、一意のデバイス プール ID がレスポンス本文に返されます。デバイス プールに関連付けれらたデバイス、所有者、コンシューマの詳細も提供されます。
      この例では、レスポンス本文は、一意のデバイス プール id4 として返します。
      レスポンス本文:
      {
        "id": "4",
        "name": "Finance-device-pool",
        "description": "Pool for Finance RPA",
        "automationScheme": "ROUND_ROBIN",
        "status": "CONNECTED",
        "timeSlice": "5",
        "timeSliceUnit": "MINUTES",
        "deviceIds": [
          "1",
          "10"
        ],
        "ownerIds": [
          "1",
          "24",
          "26"
        ],
        "consumerIds": [
          
        ],
        "detailedStatus": "SOME_CONNECTED",
        "updatedBy": "24",
        "updatedOn": "2020-05-26T09:26:54.556280800Z",
        "createdBy": "24",
        "createdOn": "2020-05-26T09:26:54.556280800Z",
        "tenantUuid": "4db5b32c-5c4b-4aee-8ca0-f53ec241563c",
        "tenantId": "4"
      }
      REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。 レスポンス コードについては、API レスポンス コード を参照してください。

    次のステップ

    ワークロードの自動化の作成の手順を実行する場合は、次の キュー API 付きの bot の実行に進みます。

    bot の導入の手順を実行する場合は、次の bots API をデプロイに進みます。

    フィードバックを送る