Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

トークンを検証

  • 更新済み: 2022/04/07
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

トークンを検証

JSON Web トークンが有効かどうかを確認します。

リクエスト

GET https://{{ControlRoomURL}}/v1/authentication/token?token=<token>
Header: X-Authorization <<authentication token>>
すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。

トークンが有効でない場合は、認証方法のいずれかを使用してトークンを生成する必要があります: 認証 API

リクエスト パラメーター

パラメーター タイプ 必須 説明
トークン 文字列 はい 検証したいトークンを入力します。

トークンを生成するには「(ユーザー名とパスワード) で認証」または「(username と apiKey) で認証」を参照してください。

レスポンス

200 OK
{
  "valid": true
}

レスポンス パラメーター

パラメーター タイプ 説明
有効 Boolean 戻る
  1. トークンが有効な場合、true です。
  2. トークンが無効な場合、false です。
注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードについては、「API レスポンス コード」を参照してください。
フィードバックを送る
  • 関連コンテンツ