Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行 API を開始

  • 更新済み: 2022/07/07
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

移行 API を開始

この API を使用して、Enterprise クライアント バージョン 11.x を使用して作成した Bot (タスク Bot および MetaBot) を Automation 360 に移行します。

リクエスト

POST https://{{ControlRoomURL}}/v3/migration/start
Header: X-Authorization <<authentication token>>
すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。
リクエスト本文:
{
   "name":"Migration.migrator.22.07.06.17.59.47",
   "description":"Migrating Legacy Bot",
   "overwriteBots":true,
   "botIds":[
      13
   ],
   "userIds":[
      5
   ],
   "legacyExcelCellRow":true,
   "includeChildFolders":false,
   "folderIds":[
      
   ],
   "emailEwsSettings":true,
   "emailEwsExchangeVersion":"Exchange2010",
   "emailEwsAuthenticationType":"Basic"
   "convertToEdgeWithIeMode":true,
   "botAnalytics":true,
   "webServicesProxySettings":true,
   "excludeBotDependencies":true
}
注: Enterprise 11 BotAutomation 360 に移行する前に、前提条件を必ず完了してください。Bot への移行の前提条件のタスク

リクエスト パラメーター

パラメーター タイプ 必須 説明
名前 文字列 はい 移行エンティティの名前。
description 文字列 いいえ 移行に関する簡単な説明。
overwriteBots Boolean いいえ すでに移行された Bot を再度移行する場合は、このパラメーターを true に設定します。デフォルト値は false です。
botIds integer はい 移行を実行する Bot ID
userIds Integer はい この移行が実行される Bot Runner のユーザー ID。
legacyExcelCellRow Boolean いいえ Excel セル行のレガシー動作を使用する場合に、このパラメーターを true に設定します。11.3.0 以前のバージョンから移行する場合は、このオプションを選択します。デフォルト値は false です。
includeChildFolders Boolean いいえ 移行時に子フォルダーを含める場合は、このパラメーターを true に設定します。デフォルト値は false です。
folderIds Integer いいえ フォルダー ID を持つサブフォルダーに含まれるすべての Bot のフォルダー ID。
emailEwsSettings Boolean いいえ Enterprise 11 で EWS を使用した場合は、このパラメーターを true に設定します。デフォルト値は false です。