Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行 API

  • 更新済み: 2021/10/09
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace
    • Enterprise
    • API ドキュメント

移行 API

移行 API を使用して、Enterprise クライアント バージョン Enterprise 11 および Enterprise 10 で作成された MetaBot および TaskBot を Automation 360 に移行します。このページを使用して、移行の前提条件、Enterprise 11 および Enterprise 10 移行 API へのアクセスを確認します。

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。

前提条件

Enterprise 11 BotAutomation 360 に移行する前に、前提条件を必ず完了してください。Bot への移行の前提条件のタスク

Enterprise 11 移行 API

  1. 移行 API を開始

  2. サブフォルダー API 内のすべての Bot の移行
  3. 移行結果 API のリスト
  4. id API 別 Bot 移行結果
  5. 移行アクション マッピング結果の API

Enterprise 10 移行 API

  1. Enterprise 10 のデータベースの接続
  2. マスター キーとリポジトリ パスの検証
  3. Enterprise 10 データ移行処理を開始する

    (オプション) 次の API を使用して、移行結果を取得します。

フィードバックを送る