Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行したユーザーの取得

  • 更新済み: 2021/01/28
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

移行したユーザーの取得

この API を使用して、Automation 360 のデータベースにコピーされる Enterprise 10 データベース ユーザーを取得します。

前提条件

移行したユーザーを取得するには、管理者ロールまたは [移行を表示] 権限を持つカスタム ロールが必要です。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. API レスポンスの ID を migrationId として使用します。
    Enterprise 10 データ移行処理を開始する」を参照してください。
  3. POST メソッドとエンドポイント URL を使用します。<your_control_room_url>/v2/migration/{migrationId}/users/list
    リクエスト本文:
    {
      "sort": [],
      "filter": {},
      "fields": [],
      "page": {
        "offset": 0,
        "total": 100,
        "totalFilter": 100,
        "length": 200
      }
    }
    リクエスト パラメーター:
    パラメーター 必須 タイプ 説明
    ソート いいえ 文字列 ソート方向
    filter いいえ 文字列 フィルタ ルール
    フィールド いいえ 文字列 フィルタ フィールド
    page はい Integer 改ページ ルール
    offset はい Integer ページ開始インデックス
    total いいえ Integer 項目の合計数
    totalFilter いいえ Integer フィルタに一致する項目の合計数
    長さ はい Integer 返答件数
  4. リクエストを送信します。
    レスポンス本文:
    {
      "page": {
        "offset": 0,
        "total": 5,
        "totalFilter": 5
      },
      "list": [
        {
          "id": 10,
          "type": "USER",
          "sourceId": "1",
          "targetId": 11,
          "name": "admin_1",
          "status": "SUCCESS",
          "reason": "The user admin has been renamed to admin_1 as the user with same name already exists",
          "targetPath": ""
        },
        ......................
        {
          "id": 14,
          "type": "USER",
          "sourceId": "5",
          "targetId": 15,
          "name": "admin10503",
          "status": "SUCCESS",
          "reason": "",
          "targetPath": ""
        }
      ]
    }

    レスポンス パラメーター:

    パラメーター 説明
    リスト ユーザーのリスト
    id ユーザー ID

    これは、UI の目的でのみ使用されます。