Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ライセンス API

  • 更新済み: 2021/01/12
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

ライセンス API

ライセンス API には、Control Room ライセンスの詳細 (有効期限日やライセンス モードなど) を取得し、ライセンスの再割り当てまたは更新後に Control Room をライセンス サーバーに手動で同期するためのエンドポイントが含まれています。

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。

ライセンスのマネージ

  1. ユーザーの認証

    POST メソッドを使用して認証 JSON Web トークンを生成します。

  2. Control Room のライセンス詳細 API の取得

    ライセンスのタイプ、有効期限、フェイルセーフ ステータス、ライセンス サーバーの同期ステータスなど、Control Room のライセンスの詳細を取得します。

  3. controlRoomLicenseServerSyncStatus パラメーターが False を返す場合、同期エンドポイントを使用してライセンス サーバーからライセンス割り当てと有効期限を更新します。

ライセンスの割り当てを一覧表示する

  1. ユーザーの認証

    POST メソッドを使用して認証 JSON Web トークンを生成します。

  2. ライセンスがクラウド ベースの場合: 新しいライセンスを購入した場合、または Control Room インスタンス間でライセンスが再割り当てされた場合は、Sync エンドポイントを使用してライセンス サーバーからライセンスの割り当てと有効期限を更新します。
  3. Control Room ライセンスの詳細リスト

    ライセンスタイプ、使用可能なライセンス数、特定の Control Room インスタンスで使用されているライセンス数、すべての Control Room インスタンスで使用されているライセンス数などの Control Room メタデータを取得します。

フィードバックを送る