Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

利用可能な Unattended Bot Runner API のリスト

  • 更新済み: 2021/01/31
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

利用可能な Unattended Bot Runner API のリスト

Unattended Bot Runner のライセンスを持つ利用可能なユーザーのリストを返します。 このエンドポイントはユーザー ID を返します。これは、ユーザーを識別するために API が使用する数値です。

前提条件

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
  • すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。
  • [別のユーザーとして実行] デバイスに関連付けられているカスタム ロールを割り当てる必要があります。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. POST メソッドとエンドポイント URL (<your_control_room_url>/v1/devices/runasusers/list

    リクエスト本文:

    {
       "sort":[
          {
             "field":"username",
             "direction":"asc"
          }
       ],
       "filter":{},
       "fields":[],
       "page":{}
    }
  3. リクエストを送信します。
    レスポンス本文: 正常にリクエストされた場合、このエンドポイントは次のデータを返します。
    • id: Bot Runner ライセンスを持つユーザーの一意の数値識別子。
    • device: ユーザーがデフォルトのデバイスで設定されている場合、デバイス名が返されます。たとえば、DESKTOP-DBO6SIE です。そうでない場合、このパラメーターは Picked at run time というメッセージを返します。これは、Bot を実行するためにデバイス プールからデバイスを選択する必要があることを示します。
    {
       "page":{
          "offset":0,
          "total":6,
          "totalFilter":6
       },
       "list":[
          {
             "id":"9",
             "username":"ubr01_rt",
             "device":"DESKTOP-DBO6SIE",
             "deviceId":"3"
          },
          {
             "id":"10",
             "username":"ubr02_rt",
             "device":"DESKTOP-DBO6SIE",
             "deviceId":"3"
          },
          {
             "id":"11",
             "username":"ubr03_rt",
             "device":"DESKTOP-DBO6SIE",
             "deviceId":"3"
          },
          {
             "id":"12",
             "username":"ubr04_rt",
             "device":"Picked at run time",
             "deviceId":"-1"
          },
          {
             "id":"13",
             "username":"ubr05_rt",
             "device":"Picked at run time",
             "deviceId":"-1"
          },
          {
             "id":"14",
             "username":"ubr06_rt",
             "device":"Picked at run time",
             "deviceId":"-1"
          }
       ]
    }

次のステップ

Bot をデプロイするステップを実行するか、自動化スケジュールを作成するステップを実行する場合、Bot Runner ライセンスに関連付けられているユーザーにデフォルトのデバイスが割り当てられていない場合、または別のデバイスを選択する場合は、このタスクを実行します。デバイス プール API のリスト

Bot Runner ユーザーに割り当てられたデフォルト デバイスで実行される Bot をデプロイするには、このタスクを実行します。Bot をデプロイ

Bot Runner ユーザーに割り当てられたデフォルトのデバイスで実行される Bot で自動化スケジュールを作成するには、このタスクを実行します。API の実行 Bot スケジュール

フィードバックを送る