Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスクのログ データの削除

  • 更新済み: 2021/04/02
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

タスクのログ データの削除

デプロイされた BotBot Insight データベースに記録されているビジネス データを削除します。

前提条件

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
  • すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。
  • AAE_Bot Insight Admin ロールと Bot Insight のライセンスが必要です。

Bot Insight データベースからデータを削除するには、リクエスト本文の API に次の情報を提供します。

パラメーター 必須 タイプ 説明
botname はい 文字列 データを取得する Bot の名前
repositorypath はい 文字列 BotControl Room リポジトリ パス。
environment はい 文字列 環境を指定します。DEV または PROD
runId いいえ 文字列 Bot の実行時に生成される ID 番号。

runId の取得には、[タスクのログ データの取得] を使用します。タスクのログ データの取得

fromDate いいえ 日付 データを取得する期間の開始日

形式: yyyy-mm-ddThh:mm:ss

このパラメーターを入力しない場合、API は利用可能なすべてのデータを返します。

注: runId パラメーターを入力する場合は、このパラメーターを入力しないでください。
toDate いいえ 日付 データを取得する期間の終了日
  • 形式: yyyy-mm-ddThh:mm:ss
  • デフォルト: 現在の日付
注: runId パラメーターを入力する場合は、このパラメーターを入力しないでください。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. DELETE メソッドとエンドポイント URL を使用します。<control_room_url>/v2/botinsight/data/api/deletetasklogdata
    リクエスト本文:
    {
        "botName": "AnalyticsMortgageProcessing",
        "runId": "a4e706f2-6806-49eb-8d8f-4b915f9a67b0_aaa8b68b1ef888a0",
        "repositoryPath": "repository:///Automation%20Anywhere/Bots/folder8092/AnalyticsMortgageProcessing?fileId=40642&workspace=PRIVATE",
        "environment": "Prod"
    }
  3. リクエストを送信します。
    レスポンス本文: この応答例では、削除された 1,000 行のデータを返します。
    {
        "botName": "AnalyticsMortgageProcessing",
        "repositoryPath": "repository:///Automation%20Anywhere/Bots/folder8092/AnalyticsMortgageProcessing?fileId=40642&workspace=PRIVATE",
        "deleteCount": 1000
    }
    REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードについては、「API レスポンス コード」を参照してください。
フィードバックを送る