Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot 変数データの取得

  • 更新済み: 2021/04/02
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Bot 変数データの取得

変数名、データ型、最小値、最大値などのデプロイされた Bot 変数に関する情報を取得します。

前提条件

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
  • すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。
  • AAE_Bot Insight Admin ロールと Bot Insight のライセンスが必要です。
  • Bot は、そのは、公開ワークスペースにチェックインする必要があります。
  • この API を使用して結果を取得するには、少なくとも 1 つのダッシュボードを公開する必要があります。

デプロイされた Bot の変数に関する情報を取得するには、以下のクエリ パラメーターを API に指定します。

パラメーター 必須 タイプ 説明
botname いいえ 文字列 データを取得するための Bot の名前
repositorypath いいえ 文字列 BotControl Room リポジトリ パス。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. GET メソッドとエンドポイント URL を使用します。<control_room_URL>/v2/botinsight/data/api/gettaskvariableprofile
  3. リクエストを送信します。
    レスポンス本文: この応答例では、AnalyticsMortgageProcessing Bot と、最初に返されたレコードに関するデータが含まれています。このブロックのコードを短くするために、残りのデータは省略されています。
    {
        "dataProfiles": [
            {
                "botId": "PROD_40642",
                "botName": "AnalyticsMortgageProcessing",
                "standardDashboardName": "",
                "profileVariables": [
                    {
                        "variableName": "state",
                        "displayName": "State",
                        "attributeType": "US_STATE_CODE",
                        "sumOfValue": 0.0,
                        "minimumValue": "",
                        "maximumValue": "",
                        "averageOfValues": 0.0,
                        "totalDistinct": "53",
                        "enabled": "Y",
                        "isTransactionVariable": ""
                    },
    // The remaining data is omited from this code example.
    REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードについては、「API レスポンス コード」を参照してください。
フィードバックを送る