Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

有効期限切れトークン

  • 更新済み: 2022/04/11
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

有効期限切れトークン

直ちにユーザーをログアウトし、認証に使用できないように JSON Web トークンを無効にします。

リクエスト

POST https://{{ControlRoomURL}}/v1/authentication/logout
Header: X-Authorization <<authentication token>>
すべての API 呼び出しは、リクエスト ヘッダーに認証トークンを含める必要があります。認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。「認証 API」を参照してください。
リクエスト本文:
{
    "token": "eyJhbGciOiJSUzUxMiJ9.eyJzdWIiOiIxIiwiY2xpZW50VHlwZSI6IldFQiIsImxpY2Vuc2VzIjpbXSwiYW5hbHl0aWNzTGljZW5zZXNQdXJjaGFzZWQiOnsiQW5hbHl0aWNzQ2xpZW50Ijp0cnVlLCJBbmFseXRpY3NBUEkiOnRydWV9LCJpYXQiOjE1NzMxMDgwNjEsImV4cCI6MTU3MzEwOTI2MSwiaXNzIjoiQXV0b21hdGlvbkFueXdoZXJlIiwibmFub1RpbWUiOjM2NTc3NTA4OTY5NzUxMDAsImNzcmZUb2tlbiI6ImJiNjgzMGJhMDY5MWYwYjZiM2M3MDE4NGY0OGM0MWY1In0.f3kPRspfm0sei9DGHd9NoyLK-iCO-vs--8b_pLG9XSUR0186uvXFopB75eVAaG-1l_AZhR78UE6Voi7_UggzHkLRrEpQ-szR7cmFDpLxZ28xLnFJYhaIuMNdw9dWDVquBWTQSpYGNJd56D-tFFHBodwVdNamqWHxaQebq1zMyUyQV6Q-gKdgubpT5gwuXnp-BwScjHOYM3Fpj_nt0nEbJC5uWpJNtLQBpVzhsRwwlRKNOHQVbo6X7zkvKBoij8ewa5FWQwX7T-760BeqfssR6mmMUo0zRaneUKAYAskz0B-X5PcyCkrVJju2XqItQ9XMGNP7h_MaUDotU_CJyguPZA"
}

リクエスト パラメーター

パラメーター タイプ 必須 説明
トークン 文字列 はい ログアウトするセッションのトークンを入力します。

トークンを生成するには「(ユーザー名とパスワード) で認証」または「(username と apiKey) で認証」を参照してください。

レスポンス

204 No Response
注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードについては、「API レスポンス コード」を参照してください。
フィードバックを送る