Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

既存のユーザー API を削除する

  • 更新済み: 2021/04/07
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

既存のユーザー API を削除する

Control Room において既存のユーザーを削除するには、ユーザーを削除 API を使用します。

リクエスト

DELETE https://{{ControlRoomURL}}/v1/usermanagement/users/<user ID>
Header: X-Authorization <<authentication token>>
認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。認証 API をご覧ください。

リクエスト パラメーター

パラメーター タイプ 必須 説明
ユーザー ID Integer はい ユーザーの ID を入力します。

レスポンス

200 OK
注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードについては、API レスポンス コード を参照してください。

前提条件

管理者ロールまたは [ユーザーを編集] 権限を持つカスタム ロールがあることを確認します。

  • URL: http://<your_control_room_url>/v1/usermanagement/users/2 <user ID>

    角括弧内のコンテンツを Control Room の URL に置き換えます。

  • メソッド: 削除

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。 リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. リクエスト ヘッダーで、削除する既存のユーザー ID を追加します。
  3. [DELETE] メソッドとエンドポイント URL: <your_control_room_url>/v1/usermanagement/users/2 <user ID> を使用します。
  4. リクエストを送信します。
    レスポンス本文:
    {
      "id": 3014,
      "email": "a@a.com",
      "username": "docstest01",
      "domain": null,
      "firstName": null,
      "lastName": null,
      "version": 4,
      "principalId": 3014,
      "deleted": false,
      "roles": [],
      "sysAssignedRoles": [],
      "groupNames": [],
      "permissions": [],
      "licenseFeatures": [],
      "emailVerified": true,
      "passwordSet": false,
      "questionsSet": false,
      "enableAutoLogin": false,
      "disabled": false,
      "clientRegistered": false,
      "description": null,
      "createdBy": 2623,
      "createdOn": "2020-01-31T17:33:16Z",
      "updatedBy": 3215,
      "updatedOn": "2020-03-22T22:51:48Z",
      "publicKey": null,
      "appType": null,
      "routingName": null,
      "appUrl": null
    }
    REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードの詳細は、「API レスポンス コード」を参照してください。
フィードバックを送る