Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

外部キー ボルト構成の編集

  • 更新済み: 2022/03/25
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

外部キー ボルト構成の編集

外部キー ボルトへのアクセス権を編集します。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

このページは クラウド 専用で、オンプレミス のデプロイには適用されません。オンプレミス のデプロイにおける外部キー Vault の設定は、インストール中またはインストール後のユーティリティでのみ構成可能です。

オンプレミスで CyberArk を使用して Automation 360 と連携にする場合、オンプレミスの CyberArk は、ネットワーク境界のファイアウォール規則によって Cloud Control Room から到達可能である必要があります。

外部ファイアウォール規則の設定の詳細については、「外部統合の NAT IP アドレス」を参照してください。

外部キー ボルトに接続する構成設定を入力します。

手順

  1. [管理] > [設定] > [外部キー Vault] の順に移動します。
  2. [編集] アイコン () をクリックします。
  3. 外部キー ボルトを選択します。
    外部キー ボルト 認証設定
    [AWS Secrets Manager] AWS Secrets Manager の [領域]、[AWS キー]、および [秘密キー] を入力します。
    [CyberArk] [CyberArk エンドポイント URL]、[アプリケーション ID]、および [CyberArk CCP エンドポイントによって信頼された証明書] を入力します。
    [Azure] [Vault の URL]、[クライアント ID]、[クライアント シークレット]、および [テナント ID] を入力します。
  4. [変更を保存] をクリックします。
フィードバックを送る