Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キー Vault 構成の更新

  • 更新済み: 2021/11/22
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

キー Vault 構成の更新

構成ディレクトリ内の認証設定を更新します。

前提条件

このタスクを実行するには、Control Room 管理者であり、必要な権限と許可を持っている必要があります。

データベースおよびキー Vault 構成の設定を変更します。次の手順に従って、Automation Anywhere Control Room にマッピングされている外部キー Vault を更新します。
注: DB 認証が外部 Vault を使用するように設定されている場合、ユーティリティは次のような例外をスローします。
Database currently configured to retrieve credentials from key vault. Update database authentication to WINDOWS/SQL to proceed further
終了します。ユーティリティは、ユーザーに次のように確認を求める場合があります。
Disable/update of key vault may impact functionalities using key vault (e.g. Active Directory configuration, Email Settings configuration). Make sure to update these settings (if any). Are you sure you want to continue?

手順

  1. 以下を入力します。
    > jdk11\bin\java -jar certmgr.jar -appDir . -importTrustCert <Full path of the certificate>
  2. このユーティリティを実行するために、次の JVM 引数をコマンドに追加します。
    1. -Djavax.net.ssl.trustStore="C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\pki\trust\store.ks"
    2. -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=changeit
    > jdk11\bin\java -Djavax.net.ssl.trustStore="C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\pki\trust\store.ks" -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=changeit --module-path lib -jar crutils.jar -configPath <Full path of the config directory> -action <UPDATE_KEY_VAULT_CONFIGURATION/UPDATE_DB_AUTHENTICATION_CONFIGURATION>
フィードバックを送る