Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

OAuth 2.0 で認証用のカスタム アプリを作成する

  • 更新済み: 2020/04/24

    OAuth 2.0 で認証用のカスタム アプリを作成する

    Salesforce でカスタム アプリを作成し、REST API とやり取りするためのアクセス トークンを取得します。

    前提条件

    bot を構築するには、以下があることを確認します:

    • REST APIに関する基本知識と OAuth の概念に関する理解。
    • Salesforce で作成されたアカウントと、使用可能なユーザー名とパスワード。

      Salesforce Developers

    手順

    1. Salesforce にログインし、[Lightning Experienceに切り替える] をクリックします。
    2. [プロフィール] の画像をクリックして、[設定] をクリックします。
    3. 左側で、[セキュリティ トークンをリセット] をクリックします。
      トークンのアクションをリセットすると、新しいトークンが登録済みの E メールに送信されます。
    4. E メールを確認し、セキュリティ トークンを保存します。
    5. Salesforce アプリケーションで、[ホーム] をクリックし、[アプリ マネージャー] を検索し、選択します。
    6. [新しい接続済みアプリ] をクリックします:
      1. [接続済みアプリの名前] フィールドに「OAuth_Validation_App」と入力します。
      2. [連絡先の E メール] フィールドに、E メールを入力します。
      3. [API] セクションで、[OAuth 設定を有効にする] を選択します。
      4. [コールバックURL] フィールドに「no:callbackURL」と入力します。
      5. [選択した OAuth スコープ] で、[データ (API) にアクセスして管理する] を選択します。
      6. [追加] をクリックし、右側に [データ (API) にアクセスして管理する] が表示されていることを確認します。
      7. [保存] をクリックします。
        システム メッセージが表示されます: 接続済みのアプリを使用する前に、サーバーで変更が有効になるまで2~10分かかります。
      8. 変更が適用されるまで待ってから、[続行] をクリックします。
    7. OAuth_Validation_Apppage が表示されたら、API セクションに移動し、[コンシューマー キー][コンシューマー シークレット] の値をコピーします。非表示になっている場合は、[クリックして表示] を選択して、[コンシューマー シークレット] キーをコピーします。
    8. [管理] をクリックして、[OAuth ポリシー] を検証します: [許可されたユーザー] フィールドに [すべてのユーザーが自己認証できる] が含まれていることを確認します。そうでない場合は、[ポリシーの編集] をクリックし、[すべてのユーザーが自己認証できる] を選択します。
    9. [保存] をクリックします。
      ClientId = Consumer Key、ClientSecret = Consumer Secret、SecurityToken、SalesForce のユーザー名とパスワードなど、OAuth_Validation_App の値を使用して bot を構築できます。

    次のステップ

    REST Web サービスおよび文字列アクションを使用して Bot を構築する
    フィードバックを送る