Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

REST Web サービスおよび文字列アクションを使用して Bot を構築する

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

REST Web サービスおよび文字列アクションを使用して Bot を構築する

カスタム アプリ認証を使用してアクセス トークンを生成し、Salesforce REST APIとやり取りして、Automation 360 REST Web Service および String Operationアクションを使用して Bot を構築します。

前提条件

bot を構築するには、以下があることを確認します:

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. [Bot] > [マイ Bot] の順に移動して、[Bot を作成] アイコンをクリックします。
  3. [名前] フィールドに「ConnectToAPIwithOAuth」と入力します。
  4. 作成&編集 をクリックします。
  5. [アクション] ページで、[変数] をクリックして新しい変数を作成します。
    1. [名前] フィールドに「sClientId」と入力します。
    2. [タイプ] フィールドで、[文字列] を選択します。
    3. [デフォルト値] フィールドに、[OAuth検証アプリ][コンシューマー キー] フィールドからの値を貼り付けます。
    4. [作成] をクリックします。
  6. 新しい sClientSecret変数、[タイプ] > [文字列][デフォルト値] > [コンシューマー シークレット] を作成し、値を貼り付けます。
  7. 新しい sUserName 変数、[タイプ] > [文字列][デフォルト値 > SalesForce ログイン ユーザー名を入力] を作成します。
  8. 新しい sPassword 変数、[タイプ] > [文字列][デフォルト値 > SalesForce ログイン パスワードを入力] を作成します。
  9. 新しい sSecurityToken 変数、[タイプ] > [文字列][デフォルト値] > [セキュリティ トークン] を作成し、値を貼り付けます。
  10. 新しい dResponse 変数、[タイプ] > [ディクショナリ] および [サブタイプ] > [文字列] を作成します。
  11. 新しい sExtractedValue 変数、[タイプ] > [文字列]を作成します。
  12. [アクション] ウィンドウで、[REST Web サービス] > [POST メソッド] の順に選択し、bot フローの [開始] の下に配置します。
    1. [URI] フィールドに、「https://ap17.salesforce.com/services/oauth2/token?grant_type=password&client_id=$sClientId$&client_secret=$sClientSecret$&username=$sUsername$&password=$sPassword$$sSecurityToken$」と入力します。「ap17」を Salesforce インスタンス番号に置き換えます。
    2. [認証モード] ドロップダウン リストで、[認証なし] を選択します。
    3. [コンテンツ タイプ] ドロップダウン リストで、[JSON (アプリケーション/JSON)] を選択します。
    4. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[dResponse - 文字列のディクショナリ] を選択します。
  13. [アクション] ウィンドウで、[メッセージ ボックス]bot フローにドラッグします。[表示するメッセージを入力] フィールドに「$dResponse{Body}$」と入力します。
  14. [アクション] ウィンドウで、[文字列] > [テキストの抽出] の順にクリックします。
    1. [ソース文字列] フィールドに「$dResponse{Body}$」と入力します。
    2. [テキストの後に開始] の前または後に「"access_token":"」、[回数] に「1」を入力し、[AND] を選択し、[テキストの前に終了] に「","」と入力し、[回数] に「1」と入力します。[一致が見つからない場合は戻る][ソース文字列] を選択します。[取得する文字数][すべて] を選択し、[抽出したテキストをトリム (空白スペースを削除)] をクリックし、[抽出したテキストから Enter を削除] をクリックします。
    3. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[sExtractedValue - 文字列] を選択します。
  15. [アクション] ウィンドウで、[メッセージ ボックス]bot フローにドラッグします。[表示するメッセージを入力 フィールドに「$sExtractedValue$」と入力します。
  16. [アクション] ウィンドウで、[REST Web サービス] > [POST メソッド] を選択します。
    1. [URI] フィールドに「https://ap17.salesforce.com/services/data/v36.0/sobjects/Account」と入力します。「ap17」を Salesforce インスタンス番号に置き換えます。
    2. [認証モード] ドロップダウン リストで、[認証なし] を選択します。
    3. [ヘッダー] > [カスタム ヘッダー] > [(追加)] の順にクリックします:
      1. [名前]フィールドに「Authorization」と入力します。
      2. [値] フィールドに「Bearer $sExtractedValue$」と入力します。
    4. [コンテンツ タイプ] ドロップダウン リストで、[JSON (アプリケーション/JSON)] を選択します。
    5. [カスタム パラメーター] に、次のコードを入力します:
      {
      "Name" : "Text passed through A2019 REST API"}
    6. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[dOutput - 文字列のディクショナリ] を選択します。
  17. [アクション] ウィンドウから [メッセージ ボックス] をドラッグします。[表示するメッセージを入力] フィールドに「$dOutput{Body}$」と入力します。
  18. [アクション] ウィンドウで、[文字列] > [テキストの抽出] を選択します。
    1. [ソース文字列] フィールドに「$dOutput{Body}$」と入力します。
    2. [テキストの後に開始] の前または後に「"id":"」、[回数] に「1」を入力し、[AND] を選択、[テキストの前に終了] に「","」と入力し、[回数] に「1」と入力します。[一致が見つからない場合は戻る][ソース文字列] を選択し、[取得する文字数][すべて] を選択し、[抽出したテキストをトリム (空白スペースを削除)] をクリックし、[抽出したテキストから Enter を削除] をクリックします。
    3. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、プラス記号をクリックして新しい sURLValue[タイプ] > [文字列] を作成します。
    4. [作成&選択] をクリックします。
  19. [アクション] ウィンドウから [メッセージ ボックス] をドラッグします。[表示するメッセージを入力] フィールドに「$sURLValue$」と入力します。
    bot からのメッセージに、URL 値 0014R00002gIcsZQAS が表示されます。この値を使用して、Salesforce アカウントのデータを検証します。https://<yourinstance>.salesforce.com/<sURLValue> 例: https://ap17.salesforce.com/0014R00002gIcsZQAS
フィードバックを送る