Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

JavaScript を使用して JSON のレスポンスを解析する Bot を構築する

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

JavaScript を使用して JSON のレスポンスを解析する Bot を構築する

Microsoft Azure で作成したサブスクリプション キーを使用して bot を構築し、Automation 360 REST Web サービスおよび JavaScript アクションを使用して JSON のレスポンスを解析します。

前提条件

bot を構築するには、以下があることを確認します:

  • Azure Portal でアカウントを作成済みで、利用できるサブスクリプション キーがある。

    Azure Portal のセットアップ

  • Control Room または Community Control Room にアクセスする
  • ワークステーションが Control Room の登録済みデバイスであること。

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. [Bot] > [マイ Bot] の順に移動して、[Bot を作成] アイコンをクリックします。
  3. [名前] フィールドに、「API_Sentinel_Score_Bot」と入力します。
  4. 作成&編集 をクリックします。
  5. [アクション] ウィンドウで、[変数] をクリックして新しい変数を作成します。
    1. [名前] フィールドに、「sURI」と入力します。
    2. [タイプ] フィールドで、[文字列] を選択します。
    3. [デフォルト値] フィールドで、以前に作成したリソースにアクセスし、その値をここに貼り付けます。https://westus.api.cognitive.microsoft.com/text/analytics/v2.1/sentiment
    4. [作成] をクリックします。
  6. 新しい [変数] の作成:
    1. [名前] フィールドに、「sSubscriptionKey」と入力します:
    2. [タイプ] フィールドで、[文字列] を選択します。
    3. [デフォルト値] フィールドで、[K1] フィールドからの値 0abfa73d93f1469d9d4b5db459394315 を貼り付けます。
    4. [作成] をクリックします。
  7. [アクション] ウィンドウで、[REST Web サービス] > [POST メソッド] の順に選択し、bot[開始] に配置します。
    1. [URI] フィールドで「$sURI$」を選択し、[はい、挿入します] をクリックします。
    2. [認証モード] ドロップダウン リストで、[認証なし] を選択します。
    3. [ヘッダー] > [カスタム ヘッダー] > [(追加)] の順にクリックします:
      1. [名前] フィールドに、「Ocp-Apim-Subscription-Key」と入力します。
      2. [値] フィールドで [$sSubscriptionKey$] を選択し、[はい、挿入します] をクリックします。
    4. [コンテンツ タイプ] ドロップダウン リストで、[JSON (アプリケーション/JSON)] を選択します。
    5. [カスタム パラメーター] に、次のコードを入力します:
      {
      "documents": [
      {
      "language": "en",
      "id": "1",
      "text": "I love this world"
      }
      ]
      }
    6. [タイプ] > [ディクショナリ] および [サブタイプ] > [文字列] の新しい dResponse 変数を作成します。
    7. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[dResponse - 文字列のディクショナリ] を選択します。
    8. [作成&選択] をクリックします。
  8. [アクション] ウィンドウで、[メッセージ ボックス]bot にドラッグします。[表示するメッセージを入力] フィールドで、[dResponse - 文字列のディクショナリ] を選択し、[はい、挿入します] をクリックします。
  9. [タイプ] > [文字列] の新しい sOutput 変数を作成します。
  10. [アクション] ウィンドウで、[ディクショナリ] > [取得] の順にクリックします。
    1. [ディクショナリ変数] ドロップダウン リストで、[dResponse - ディクショナリ] を選択します。
    2. [キー] フィールドに「Body」と入力します。
    3. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[sOutput - 文字列] を選択します。
  11. [タイプ] > [リスト] および [サブタイプ] > [文字列] の新しい lParseOutput 変数を作成します。
  12. [タイプ] > [文字列] の新しい sSentimentValue 変数を作成します。
  13. [アクション] ウィンドウで、[リスト] > [項目の追加] の順にクリックします。
    1. [リスト変数] ドロップダウン リストで、[lParseOutput - リスト] を選択します。
    2. [追加する項目] ドロップダウン リストで、[sOutput - 文字列] を選択します。
    3. [項目を追加] フィールドで、[リストの末尾] を選択します。
  14. [アクション] ウィンドウで、[JavaScript] > [開く] の順にクリックします。
    1. [JavaScript セッション] フィールドで、[デフォルト] を選択します。
    2. [JavaScript] で、[手動入力] を選択し、次のスクリプトを入力します。
      function extractValue(list) {var output = JSON.parse(list);return output.documents[0].score;}
  15. [アクション] ウィンドウで、[JavaScript] > [JavaScript を実行] の順にクリックします。
    1. [JavaScript セッション] で、[デフォルト] を選択します。
    2. [実行する関数の名前を入力] に、「extractValue」と入力します。
    3. [パラメーター] ドロップダウン リストで、[IParseOutput - リスト] を選択します。
    4. [出力を変数に割り当てる] ドロップダウン リストで、[sSentimentValue - 文字列] を選択します。
  16. [アクション] ウィンドウで、[メッセージ ボックス]bot にドラッグします。
    1. [表示するメッセージを入力] フィールドに次を入力します: 「Sentiment score: $sSentimentValue$
  17. [保存] をクリックして、[実行] をクリックします。
    次のメッセージが表示されます。Bot が正常に実行されました! センチメント スコア: 0.9671428203582764
フィードバックを送る